menu

仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

往生は誤解された言葉|仏教に教えられる本来の意味とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:基礎から学ぶ仏教 タグ: 更新日:2020/02/18
 

『病院で念仏を唱えないでください』という異色の医療ドラマがあります。
救急救命医でありながら、僧侶でもある主人公の姿を描いた作品です。

 

先日の放送回のタイトルは、「大往生の前で」。
「大往生」といえば、かつて永六輔さんのエッセイのタイトルにもなった言葉ですが、一般的にもよく聞きますよね。
辞書を見ると、「少しの苦しみもなく安らかに死ぬこと。また、立派な死に方であること」と書かれています。

 

「往生」はそもそも仏教の言葉ですが、本来はどんな意味があるのでしょうか?

「往生」の本来の意味は?

一般的に「往生」と聞くと、人が亡くなることだと思っている人が多いようです。
また、「道が渋滞して往生した」というように、困ったという意味にも使われたりしますね。
しかし、仏教で言われる往生には、そのような意味はまったくないのです。

 

往生という字を改めて見てみると、「往って生まれる」と書きますから、死ぬとか、困るという意味はどこにも見られません。
仏教で「往生」とは、文字通り、往って生まれることを言われるのです。

 

では往生とは、どこに往って、どのように生まれることを言うのでしょうか?

阿弥陀仏の極楽浄土へ往く

親鸞聖人は、「阿弥陀仏の極楽浄土に往って、仏に生まれる」ことを往生と言われています。
釈迦如来や薬師如来、大日如来など、たくさんおられる仏さまの中でも「本師本仏(ほんしほんぶつ)」が阿弥陀仏です。
本師も本仏も先生ということなので、数多くおられる仏さまの師匠であり、先生が阿弥陀仏なのです。

 

阿弥陀仏について詳しくお知りになりたい方はこちらの記事をご覧ください。

阿弥陀如来とお釈迦さまは同じ仏さま?一番有名な仏さまは?

 

浄土とは、仏さまの世界のことですが、その中でも極めて楽しい阿弥陀仏の浄土のことを極楽浄土と言われます。
極楽浄土とは、どんな世界なのか、こちらの記事で解説しています。

浄土や極楽は本当にあるのか、温泉はあるのか|仏教で教えられる極楽浄土

極楽浄土へ往くことができる人とは?

本師本仏である阿弥陀仏の極楽浄土へ往くことが往生ですが、一般的に、死んだら誰でも極楽に往くことができると思われているのではないでしょうか。
実は、それは大きな誤解なのです。

 

親鸞聖人は、生きている今阿弥陀仏に救われて絶対の幸福になった人だけが、死んで極楽浄土へ往くことができるのだと教えられました。
阿弥陀仏に救われるとはどういうことか、親鸞聖人は主著『教行信証』の冒頭に次のように書かれています。

難思の弘誓(なんしのぐぜい)は難度の海(なんどのうみ)を度(ど)する大船
(『教行信証』)

今大船に乗ることが大事

難度海とは、苦しみ悩みの波が押し寄せる私たちの人生のことです。
阿弥陀仏は、その難度海で溺れて苦しむ私たちを、大きな船に乗せて助けるとお約束されています。
生きている今、大船に乗せていただくことが、絶対の幸福になるということなのです。

 

阿弥陀仏の作られた船は極楽に向かう船ですから、今大船に乗ることができれば、極楽に往くことがはっきりします。
これを蓮如上人は「往生一定(おうじょういちじょう)」と言われました。

 

往生一定については、こちらの記事で解説しています。

親鸞聖人最期のお言葉「御臨末の御書」

どうすれば大船に乗れるのか

では、どうすれば阿弥陀仏の大きな船に乗せていただくことができるのでしょうか。
それには聴聞が大事であると、蓮如上人は次のように言われています。

ただ、仏法は聴聞に極まることなり
(御一代記聞書)

2600年前にお釈迦さまが仏教を説かれた目的は、私たちを阿弥陀仏の大きな船に乗せることにありました。
その仏教を聞けば、必ず大船に乗せていただけるときがくるのです。

 

仏教を聴聞する目的について、蓮如上人の漫画で学ぶことができます。

蓮如上人物語 仏法聴聞の目的

The following two tabs change content below.

わか

静岡県の温暖な気候の中で育ちました。 学生時代、家ではほとんどの時間を机の前で過ごし、ノートに散文を書きためる日々でした。 人間関係に悩み、自分の存在価値を探していたとき、知り合いの先輩に紹介され、ひょんなことから仏教を学ぶようになりました。元々自分の心は見つめていた方だと自負しているのですが、それよりももっと深い自分自身の心を教えられた仏教に感動し、それから続けて学んでいます。
 
   

<div class="campaign">
<div class="campaign-inner"><section class="mail">
<h1><img class="mail-img" src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_112180_128-1.png" alt="icon" />メール講座のご案内</h1>
</section>今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容を<strong>メールで</strong>お送りします。

メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。

さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを<strong>登録後のページで無料配布しています。</strong>

<strong>毎月先着100名様の限定です。(メール講座はいつでも解除できます)</strong>

サンプルPDFを<a href="/lp3/data/syousingesamle.pdf" target="_blank" rel="noopener"><span class="mark" style="font-weight: bold;">こちら</span></a>から閲覧できます。
<div class="click-space">
<a href="/lp3/presentDe.html" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_mail_under');">
<div class="click-btn">

登録は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
<div class="todoroki-title">
<h1><img src="/wp-content/uploads/2019/08/taikenban2-150×150.png" alt="" width="150" height="150" class="aligncenter size-thumbnail wp-image-7104" />仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント</h1>

「仏教を学んでみたい」と思われたあなたへ。

<strong>受講者20万人を突破</strong>した仏教講座が、自分のペースで繰返し学べる<strong>6回完結型の仏教通信コース</strong>となりました。

今なら、無料体験版「お釈迦さまってどんな方?」をまとめた冊子と解説CDをプレゼント中。
<div class="click-space">
<div class="here">
<p class="here-p">無料プレゼント!</p>

<a href="/course/" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_cd_under_2');">
<div class="click-btn">

応募は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
</div>
</div>

 
マンガでわかる浄土真宗バナー   マンガでわかる仏教バナー   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント

キーワード検索

マンガでわかる浄土真宗バナー   マンガでわかる仏教バナー   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯