menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人42歳・59歳の時にあった果てしなき悩み

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:親鸞聖人のご生涯 タグ: 更新日:2018/10/04
 

42歳・59歳の時にあった果てしなき悩み
関東で布教を続ける親鸞聖人が、阿弥陀仏へのご恩があまりに大きく返しきれないことに悩まれ、寝込まれたことが2回ありました。

寝込まれる親鸞聖人

親鸞聖人59歳頃、原因不明の高熱で三日三晩、ご家族も寄せつけられず、飲食も取られず寝込まれたことがありました。

ところが4日目、親鸞聖人は突然目を見開き、驚いたような大きな声で叫ばれたのです。

 

「ああ、そうであったか!」

 

ご内室が驚いて尋ねると、親鸞聖人は次のように仰っています。

 

「この深い阿弥陀仏のご恩を思えばなあ、親鸞。泣きたいような切なくてのお。じっとしてはおれんのだ。身を粉にしてもと思うのだが、やはり布教しかなかったと、またまた思い知らされたのだ」

 

阿弥陀仏に救われ、本当の幸せに生かされたご恩、身を粉に、骨砕いても、お返しせねば済まぬとの思いは、病んで寝込まれるほどであったのです。

阿弥陀仏に救われた世界がいかに広大・深遠か、親鸞聖人のお姿から知らされます。

 

御恩報謝に悩まれた親鸞聖人はやがて、弥陀の本願をお伝えする以上の報謝はないと、決然と立ち上がられました。三日間続いた熱も、スッと引いてしまったのです。

そして、このように悩み惑われたことが以前にもあったのだと、親鸞聖人は述懐されています。
「こんなことは、17年前、上野国にいた時もあったのだが……」

 

親鸞聖人42歳の御時、上野国(こうづけのくに)佐貫(さぬき)にご滞在中に、大飢饉で多くの人が倒れていくのを見られ、矢も盾もたまらず、切なる衆生済度の思いから、根本経典の浄土三部経を千回読もうとなされました。

三部経とは『大無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経の3つです。

当時は、尊い経典を多く読めば、人々の苦しみが救われると広く信じられていました。

阿弥陀仏の大恩に、どうしたら報いられるかの激しく熱い心から、親鸞聖人もつい惑われたのでしょう。ところが4、5日読まれて親鸞聖人は、

「これは、何ごとだ。『自信教人信 難中転更難 大悲伝普化 真成報仏恩』ではなかったか。他に何の不足があって、経典を読もうとしていたのか。われ誤てり、誤てり」

 

と仰って、すぐに常陸へ布教に旅立たれました。

自信教人信のお言葉

自信教人信(じしんきょうにんしん)
難中転更難(なんちゅうてんきょうなん)
大悲伝普化(だいひでんふけ)
真成報仏恩(しんじょうほうぶっとん)

 

自ら信じ人に教えて
信ぜしめることは
難きが中に転た更に難し
大悲を伝えて普く化す
真に仏恩を報ずるに成る

これは、善導大師の有名なお言葉で、

自らが信心を獲る(弥陀に救われる)ことも難しいが、他人を弥陀の救いまで導くことはもっと難しいことである。だが、その最も困難な『教人信』こそが、いちばん仏恩に報いる道なのである」

という意味です。

 

この善導大師の教化に、親鸞聖人は目を覚まされて、

「そうだ。私のできる唯一最高の仏恩報謝は、一人でも多くの人に弥陀の本願を伝え、弥陀の救いにあうまで導くことではないか。ならば、布教以上の生きる道はなかった。他に、何が不足で経典を読もうとしていたのか。私は誤っていた、誤っていた」

 

と即座に布教にたたれたのです。

当時、千回もの経典読誦は、民衆に尊く受け入れられ、容易に敬われる行為でした。しかし、親鸞聖人はそれを捨て、大衆の中へ飛び込んで、弥陀の本願宣布をなされました。


*上野国……現在の群馬県
*常陸……現在の茨城県
*善導大師……約1300年前、中国の人。七高僧の一人として親鸞聖人はたいへん尊敬されている

 

 

(続き)

親鸞聖人還暦過ぎ 関東の人々との別れ

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。 20年以上学んできたことを、年間100回以上、仏教講座でわかりやすく伝えています。
 
   

<div class="campaign">
<div class="campaign-inner">
<img src="/wp-content/uploads/2018/06/icon_116592_256-1.png" alt="icon" class="present-img"/>
<div class="todoroki-title">
<h4>仏教月刊誌『とどろき』</h4>
<h4>無料プレゼントキャンペーン</h4>
<h1></h1>
</div>
<p>「実家は浄土真宗。</p>
<p>そろそろちゃんと知っておかないといけないが、</p>
<p>どうすればいいのか、分からない……」</p>
<p>そんな悩みを持つあなたへ。</p>
<p><strong>読者10万人に喜ばれ、「最も浄土真宗が分かる」と評価の高い仏教月刊誌『とどろき』を、<br>
今なら無料でプレゼントしています。</strong></p>
<img class="aligncenter size-full wp-image-569" src="/wp-content/uploads/2017/01/se-main.jpg" alt="102635511" width="315" height="448" />
<ul>
<li>親鸞聖人とはどんな人なのか?</li>
<li>「正信偈」にはどんなことが書かれているの?</li>
<li>南無阿弥陀仏の本当の意味は?</li>
<li>葬式、法事に必要な知識はなに?</li>
</ul>
<p>など、浄土真宗の知っておきたいことを</p>
<p>イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。</p>

<div class="click-space">
<div class="here">
<p class="here-p">期間限定で</p>
<p class="here-p">無料プレゼント!</p>
<div class="click-btn">
<a href="https://tulipk.heteml.jp/tulipk/lp/present.html" onclick="ga('send','event','link','click','banner_todoroki_under');"><p>今すぐここを</p><p>クリック!</p>
</a>
</div>
</div>
</div>

<p>サンプルとして『とどろき』6月号の一部内容をご紹介いたします。

<div class="pdf">
<img src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_120560_64.png" alt="pdf" />
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806mokuji.pdf" role="button">目次</a>
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806shounin.pdf" role="button">親鸞聖人を訪ねて</a>
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806juku.pdf" role="button">大人の仏教塾</a>
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806kirino.pdf" role="button">謎の同窓生キリノ</a>
</div>
</div>

<div class="campaign-inner">
<section class="mail">
<h1><img src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_112180_128-1.png" alt="icon" class="mail-img"/>メール講座のご案内</h1>
</section>
<p>また、今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容を<strong>メールで</strong>お送りします。</p>
<p>メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。</p>
<p>さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを<strong>登録後のページで無料配布しています。</strong>
<p><strong>毎月先着100名様の限定です。(メール講座はいつでも解除できます)</strong></p>
<p>サンプルPDFを<a href="https://tulipk.heteml.jp/tulipk/lp/data/syousingesamle.pdf"><span class="mark" style="font-weight:bold;">こちら</span></a>から閲覧できます。</p>

<div class="click-space">
<div class="click-btn">
<a target="_blank" href="https://tulipk.heteml.jp/tulipk/lp/presentDe.html" onclick="ga('send','event','link','click','banner_mail_under');"><p>登録は</p><p>こちらから</p></a>
</div>
</div>

</div>
</div>

 
book_banner   マンガでわかる浄土真宗   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ

キーワード検索

book_banner   マンガでわかる浄土真宗   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯