menu

仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

お釈迦様物語|長者と老婆|他人に親切をする心がけ「三輪空」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:お釈迦様物語 タグ: 更新日:2018/10/05
 

給孤独長者と老婆

お釈迦様物語 給孤独長者と老婆

祇陀太子(ぎだたいし)の樹林を譲り受けて祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)を建立し、

(関連)
お釈迦様物語 給孤独長者と祇園精舎の建立
 
お釈迦様の教団に寄進したコーサラ国の富豪・給孤独長者(ぎっこどくちょうじゃ)は、自ら布施するだけでなく、人にも大いに布施を勧めた人でした。これはそのエピソードの一つです。
 
精魂込め、数カ月かけて仕上げた織物は、我ながらほれぼれする出来栄え。その手触りを楽しむように抱え、老婆は街をゆったり歩いている。
目下の関心は、この布をどんな服に仕立てるか。これだけ上等の布地はそう簡単には手に入らない。仕立てる服もさぞ立派だろう。そう考えると、口元が自然に緩んでくるのであった。
 
その時、ふと、街角の人だかりが目に留まる。
群衆の真ん中で何かを訴えているのは、これまで何度か食事を恵んでくれた長者だった。
自分のような貧しい者にも親切で、名は確か……スダッタといったが、町では「給孤独(貧者に施す人)」の名で親しまれている。その長者様が、こんな所で一体、何を話しているのだろう?老婆は近づいて耳をそばだてた。
 
「皆さん。皆さんは仏陀・釈迦牟尼世尊をご存じですか。宇宙最高の仏のさとりを開かれた尊いお方です。
仏のご出世にあうことは、幾たびの生死(しょうじ)を繰り返しても有りえぬ難しいことなのに、そんな尊いお方が皆さん、現に今、生きてましまして説法してくださっているのですよ」

 
──仏陀?釈迦?どこかで聞いた気がするが、それにしてもそんな尊い方がおられるとは知らなかった。
老婆は話の続きに耳を傾けた。
 
「私は皆さんに、仏陀とご縁を結んでもらいたいと思い、王様のお許しを得て布施を募ることにしました。
仏陀とそのお弟子方に、食事、金銭、衣類、何でもいい。あなたの大事なものを施し、功徳を求められませんか。
どなたでも結構。額や量の多少も問いません。私が責任持って仏陀にお届けいたします。どうぞ、ご参加ください」

 
温和な長者の言葉に、多くの人が心動かされたようだ。
早速、家に準備をしに帰る者、詳しく説明を聞きに来る人も跡を絶たない。
そうするうちに、さまざまな志が集まってきた。
 
だが、老女は今一つ腑に落ちなかった。あれほどの金持ちが、なぜ貧しい者にまで施しを勧めるのか
貧乏な私ごときが、わずかの施しをしたといって何になろう。布施は長者がすればいいのではないか、と。
その時、たまたま隣から、その疑問に答える人の声が聞こえてきた。
 
「自分が欲しいからではない。長者は慈しみの心から布施を勧められているのだ。私たちの果報は全て、自らの過去の行いによるもの。まかぬタネは生えぬからな。
仏さまへの布施は大変尊い善根であり、施した人の功徳となるから、
一人でも多く、この勝縁(しょうえん)を、とのお計らいなのだよ」
 
黙って聞いていた貧女は、帰りの道中、その言葉をかみしめた。
「今の果報は、全て私のタネまきだという。これまで貧しかったのも、きっと前世に施しを嫌い、自分のことばかり考えて、善根を求めてこなかったからだろう。ここにある一反の織物は大切だが……どうしよう」
心は布施に傾くが、せっかく織り上げたお気に入り、手離すのは惜しいとためらい、心は揺れる。そうして夜は更けていった。
 
悩み眠れず迎えた翌朝、窓の外を長者の使者が、大声で叫びながら通る。
「布施される人はありませんか。どなたでも、どんな物でも結構です。歩けない人は、こちらから伺います」
その声に吸い寄せられるように、老女は大事な織物に手をかけて窓の外へ、そっと投げた。
 
すぐに驚いた顔の使者が、織物を大事そうに抱えて入ってきた。使者の問いに、昨日からの経緯を告げると、彼はすぐに広場へ織物を届けに出ていった。
 
やがて給孤独長者が、自ら二、三の高価な品物を携え、訪ねてきた。
「あなたがこの素晴らしい織物を布施されたのですね。本当に尊いお志です。大変な功徳を求められましたね」
老女の尊行をたたえて長者は、持参した飾り物を差し出す。
その手を握り締める老女に、給孤独は語りかけた。
「施すものによらず、布施の心掛けが大事である、とお釈迦様は教えられています。どうか体を大切に、これからも仏縁を求めてください」
老婆は涙を流して喜んだのである。

給孤独長者と老婆

お釈迦様は、布施の心がけを「三輪空(さんりんくう)」と教えられています。
三輪を空ぜよということで、三つのことを忘れるようにしなさいということです。
三輪とは、施者(せしゃ)、受者(じゅしゃ)、施物(せもつ)の三つです。

施者=布施をする人(私が
受者=布施を受ける人(誰々に
施物=布施をする物(何々を

人に布施、親切をした時に、
私が、誰々に、何々をしてやった
この心を忘れるようにしようと教えられています。

これをいつまでも覚えていると、布施をした相手が何もしてくれないとき

「してやったのに」

恩着せ心となり、腹が立ち、苦しみます

相手の幸せを念じて、三輪空を実践していきましょう。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。 20年以上学んできたことを、年間100回以上、仏教講座でわかりやすく伝えています。
 
   

<div class="campaign">
<div class="campaign-inner"><section class="mail">
<h1><img class="mail-img" src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_112180_128-1.png" alt="icon" />メール講座のご案内</h1>
</section>今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容を<strong>メールで</strong>お送りします。

メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。

さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを<strong>登録後のページで無料配布しています。</strong>

<strong>毎月先着100名様の限定です。(メール講座はいつでも解除できます)</strong>

サンプルPDFを<a href="/lp3/data/syousingesamle.pdf" target="_blank" rel="noopener"><span class="mark" style="font-weight: bold;">こちら</span></a>から閲覧できます。
<div class="click-space">
<a href="/lp3/presentDe.html" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_mail_under');">
<div class="click-btn">

登録は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
<div class="todoroki-title">
<h1><img src="/wp-content/uploads/2019/08/taikenban2-150×150.png" alt="" width="150" height="150" class="aligncenter size-thumbnail wp-image-7104" />仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント</h1>

「仏教を学んでみたい」と思われたあなたへ。

<strong>受講者20万人を突破</strong>した仏教講座が、自分のペースで繰返し学べる<strong>6回完結型の仏教通信コース</strong>となりました。

今なら、無料体験版「お釈迦さまってどんな方?」をまとめた冊子と解説CDをプレゼント中。
<div class="click-space">
<div class="here">
<p class="here-p">毎月100名様に</p>
<p class="here-p">無料プレゼント!</p>

<a href="/course/" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_cd_under_2');">
<div class="click-btn">

応募は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
</div>
</div>

 
    幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント

キーワード検索

    幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯