menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

数珠・念珠の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:仏事 タグ:
 

(質問):数珠・念珠にはどんな意味があるのですか?

(解答)
数珠(じゅず)・念珠(ねんじゅ)とは、阿弥陀仏に合掌、礼拝する時に手に掛けるものです。
数珠・念珠は幾つもの珠を糸で結んでいます。
」は「108の煩悩」を表しています。

煩悩とは、私たちを煩わせ悩ませるもので、
1人に108あると教えられます。
特に私たちを煩わせ悩ませるものが3つあります。
これを三毒の煩悩といいます。

貪欲(とんよく) 瞋恚(しんに) 愚痴(ぐち)

貪欲とは、欲の心で、なければないで欲しい、あればあったでもっと欲しいと、キリのない心をいいます。
瞋恚とは、怒りの心で、欲が妨げられた時に起きます。
愚痴とは、ねたみそねみ、恨み、憎しみの心です。

貪欲は青色瞋恚は赤色、愚痴は黒色に例えられます。
日本昔話に出てくる、青鬼、赤鬼、黒鬼は、三毒の煩悩を表しているのです。

親鸞聖人は、私たち人間は、煩悩の塊であると教えられています。

「凡夫」というは無明・煩悩われらが身にみちみちて、欲もおおく、瞋り腹だち、そねみねたむ心多く間なくして、臨終の一念に至るまで止まらず消えず絶えず。

  

(意訳)
人間というものは、欲や怒り、腹立つ心、ねたみそねみなどの、塊である。これらは死ぬまで、静まりもしなければ減りもしない。もちろん、断ち切れるものでは絶対にない。

煩悩の塊である私が、阿弥陀仏に救われると、
煩悩あるがままで本当の幸せになります。
煩悩の珠を「」が貫いているのは、煩悩がそのまま幸せとなる喜びを表現しているのです。
大切な数珠・念珠ですから、粗末に扱わないようにいたしましょう。

 
 
 
映画なぜ生きる   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯