menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁2

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:親鸞聖人のご生涯 タグ:
 

暗雲

弁円は関東一円に名を知らしめる星でした。

ところが親鸞聖人が登場されると、昇る太陽に星が光を失うごとく、威光に陰りが出始めたのです。

目次

  • 弁円の動揺
  • 柿岡村へのご布教

弁円の動揺

初め弁円の弟子たちは、

〝親鸞は比叡山の修行がつらくて、逃げ出した男〟
〝越後に流された罪人〟
〝肉食妻帯の堕落坊主〟

とバカにしていました。

弁円も、

「いいですか皆さん。皆さんはそのような軽薄な教えに、決して迷ってはなりませんぞ」

と信者に注意するくらいで、歯牙にもかけなかったのです。

ところが、弁円の寺を埋め尽くしていた信者が一人、また一人、親鸞聖人のまします稲田の草庵へと流れていくと、弁円の弟子たちも焦り始めます。

「肉食妻帯(にくじきさいたい)の破戒坊主(はかいぼうず)、み仏に代わって、成敗してくれるわ!」

と拳を握り鼻息を荒げ、いきりたつ弟子を、

「まあ待たれよ。よいか。人集めに都合のよいことばかり言っておるのじゃ。やがては、我々の修験道こそ、正しい仏教だと分かる時が、必ずある」

と制止しながらも弁円は、自身の心がざわめくのでした。

弁円
「所詮は肉食妻帯の破戒僧ではないか。そんな者の所へ、なぜ?捨てておいてよいものか……。何とかしなければ」

高弟・弁長に親鸞聖人の稲田へ偵察に行かせます。しばらくして、稲田から帰った弁長の口から衝撃の事実が。

ついこの間まで「大尊者様」と弁円にかしずいていた、柿岡村の兵衛門が親鸞聖人の説法を聞き、

「わしは阿弥陀如来の本願に決めた。もう迷信なんかには関わらん」

と言ったというのです。

〝この世の幸せを得ても、ほんのしばらくの安心。阿弥陀如来の本願によらねば、本当の幸せにはなれぬ〟

そう知らされた兵衛門が、村中に親鸞聖人の教えを伝えたため、柿岡村から弁円の元へ来る人は途絶えました。兵衛門の豹変に弁円一派は驚き、親鸞がだましたのだと憎みました。

悪魔の破戒僧、捨てておけぬ、祈祷で呪い殺すべしと弁円らは、恐ろしい形相で護摩壇に向かいます。その様子は、稲田の親鸞聖人の元にも聞こえてきました。

柿岡村へのご布教

そんなとき、柿岡村の兵衛門が、親鸞聖人を村へご招待したのです。お弟子たちは心配しました。柿岡村へは、弁円のいる板敷山を越えねばならなかったからです。

お弟子の蓮位房
「お師匠さま。やはり、柿岡村へ……。柿岡村のご布教だけは、おやめになっては」

弟子の蓮位房の心配を重々、承知されながらも、親鸞聖人は、

「何を言うか蓮位房。一人でも求める人あらば、命懸けて伝えねばならぬが仏法!我々仏法者の務めではないか」。

命の危険を恐れて、法を説かぬのは仏法者ではない、と厳しいお叱りです。

親鸞聖人のみ教えを、そのまま伝えられた蓮如上人も仰せです。

まことに一人なりとも信をとるべきならば身を捨てよ。

(意訳)
一人でも聞きたいと求める人に、もし仏法を説かなければ、次のチャンスは二度とないかもしれぬ。命懸けて伝えねばならぬ。

親鸞聖人は、柿岡村の兵衛門の招待を受けて、仏法を伝えに行かれるのでした。

続き

(18)親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁3

 
 
 
映画なぜ生きる   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯