menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

なぜ線香をお供えするのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:仏事 タグ:
 

(質問):なぜ線香をお供えするのですか?

(解答)
仏前では「線香」をお供えします。
線香は、香木や香草を粉にし、練ったものですから、たくと煙とともによい香りがします。
それが人間の体臭を消すとして、阿弥陀仏への礼儀に使われるようになりました。

線香

仏教では、この世界のことを、浄土に対して「穢土(えど)」といいます。
穢土」とは、けがれた世界ということで、苦しみの絶えない世界という意味です。
「娑婆(しゃば)」という言葉を聞いたことのある方は多いと思います。
娑婆」とは、昔のインドの言葉で、中国の言葉では「堪忍土(かんにんど)」といいます。この世界は、堪えがたきを堪え、忍びがたきことを忍び、生きていく世界なので、堪忍土といわれます。

親鸞聖人は、すべての人間は「有漏の穢身(うろのえしん)」と仰っています。

超世の悲願(ちょうせのひがん)ききしより われらは生死の凡夫(しょうじのぼんぶ)かは
有漏の穢身(うろのえしん)はかわらねど こころは浄土にあそぶなり

有漏とは、仏教で煩悩のことをいいます。
親鸞聖人は、人間は、煩悩の塊であると教えられています。
煩悩の塊ですから、煩悩が漏れているということで、煩悩を有漏といいます。
穢身とは、穢(けが)れた身ということです。
私たちは煩悩の塊なので、煩悩で穢れているということから、有漏の穢身といわれます。

煩悩とは、代表するものは、欲、怒り、恨み妬みの心です。
私たちは、朝から晩まで、心の中でどんなことを思っているでしょう。
欲、怒り、恨み妬みの心ではないでしょうか。
時には、他人には言えない恐ろしいことを思います。

そんな煩悩の塊の私たちが、
仏前に座る時には、線香をお供えして、心を静めて、合掌いたしましょう。

 
 
 
book_banner   映画なぜ生きる   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯