menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

本当の往生とは 仏教で教えられる往生

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ:
 

往生

よく困ったときに「こんなことがあって往生した」と言ったり、誰かが亡くなったときに「○○さんもついに往生したか」などと言います。

一方で「極楽往生」や「往生浄土」などの仏教の言葉もあり、往生を「困った」とか「亡くなった」という意味だとすると、「極楽困った」「亡くなった浄土」となってしまい意味がわかりません。

果たして往生とはどのような意味なのでしょうか。

今回は仏教で教えられる正しい「往生」について解説します。

目次

  • 往生とはどんな意味でしょうか?
  • 仏教で言われる元々の「往生」とは
  • まとめ

(質問):往生とはどんな意味でしょうか?

(解答)
往生という言葉は仏教から出た言葉ですが、どんな時に使われているでしょうか。

「帰省ラッシュで道が渋滞して往生した」
「突然雨が降ってきて往生しました」

「いい加減に往生しろ」

「今朝、隣のお婆さん、往生したそうだ」

往生といえば「困る」「あきらめる」「死ぬ」という意味で使われています。

「弁慶の立ち往生」を知っている方もあると思います。

弁慶が源義経を守るために、矢を全身に受けて立ったまま死んだことを「立ち往生」と言われるのは「往生」を「死ぬ」という意味で使っているからです。

平均寿命よりも長生きして亡くなった方には「大往生」と大の字がつけられますが、これも「往生」とは「死ぬ」という意味です。

このように、「往生」とは「困る」「あきらめる」「死ぬ」という意味で使われています。

しかし実は、仏教でいわれる往生はそういう意味ではないのです。

仏教で言われる元々の「往生」とは

本来の仏教の言葉としての「往生」は

往生 = 往って生まれる

往生とは、「往」は往く、「生」は生まれるということで、往って生まれるという意味です。

死んで極楽へ往って、生まれることを往生といいます。

親鸞聖人といえば、念仏を称えたら死んだら極楽へ往けると教えられた方と思っている人がありますが、それは、誤解です。

「誰でも彼でも死んだら極楽へ往けるのではない。
現在生きているときに、阿弥陀仏のお力によって、暗い心(仏教では無明の闇という)が破られて、明るい心になった人だけが、死んだら阿弥陀仏の極楽へ往って、仏に生まれることができるのだよ

と教えられたのが、親鸞聖人です。

本当の往生を親鸞聖人が友達と争いまでなされて明らかにされたのが、体失・不体失往生の諍論(たいしつ・ふたいしつおうじょうのじょうろん)です。

詳しいことは、チューリップ企画販売のアニメーション『世界の光・親鸞聖人』第2巻に描かれています。

まとめ

往生は一般的には「困る」「あきらめる」「死ぬ」という意味で使われています。

しかし仏教の本来の意味での往生とは、極楽へ往って仏に生まれることを言います。

そして往生できる人は、現在生きているときに阿弥陀仏のお力によって、無明の闇という暗い心が破られて、明るい心になった人だけだと教えられます。

親鸞聖人は、本当の往生について、主著の教行信証(きょうぎょうしんしょう)に明らかにされています。

→ 親鸞聖人の主著、国宝『教行信証』に何が書かれているのか

 
 
 
映画なぜ生きる   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯