menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

お釈迦様物語|どちらも厳しい二者選択を迫られた時にどうしたらよいか

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:お釈迦様物語 タグ: 更新日:2018/10/05
 

ワシ

お釈迦様物語 無上の道 お釈迦様とワシとハト

翼を広げ、ワシは樹上から上昇気流に乗った。いつもは舞い上がる心地よさに陶然とするが、今はただ、風がすきっ腹にこたえるばかり。狩りが不調でこの数日、水しか口にしていないのだ。羽ばたくにも力が入らず、眼下の眺めを楽しむ余裕もない。ふっと気を抜けば、風に押し流されてしまう。

おぼろな意識で浮遊する彼の目線の端を、不意に白いものが横切った。
上空を飛ぶ自分に気づきもせず、無防備に羽ばたくそれは、森を二つに割いて流れる大河に沿って、のんびり上流へと移動していく。
「しめた!!」
素早く狙いを定め、翼を折り畳んで静かに急降下する。頬をかすめる空気が一気に速度を増した。獲物のハトが目前に迫り、捕らえたかに思えたその刹那、危険を察知した相手はサッと身をかわし、全速力で今来た方向へ羽ばたいた。予想外の展開に、ワシは焦った。
“すぐに仕留めねば”
 
持久戦になれば、また食事はお預けだ。力を振り絞って彼は、純白のハト目掛け突進した。だが敵も必死。小刻みに切り返し、動きの大きなワシは振り回される。幾度か体当たりしたが、深手は与えられず、ハトはなおも逃げ続けている。
“ダメだ。もう……もたない……”
 
限界を感じ始めた時、ハトはさらに高度を下げて林へ逃げ込んだ。木立の中へ分け入って追うが、とうとう姿を見失ってしまった。
ハト
緊張の糸が切れ、ワシの飛行は惰性になる。ガックリと途方に暮れていると、ある樹下に出家が一人、瞑想しているのを見た。
 
“あの修行者に尋ねてみよう”
 
サッと修行者の前に降り立つと、身を正してワシは尋ねた。
「ここへ、ハトが来ませんでしたか?」
「ハトなら私の懐にいる」
意外な返事に元気を取り戻したワシは、思わず口にした。
「ヤレヤレ、これで生き延びられる。どうかハトを渡していただきたい。
餓死寸前の私が見つけたハトなのです。逃しては死ぬほかありません」

 
修行者の胸にはハトが、小さく震えながらうずくまっている。出家は端然と座り、目をつぶって黙している。ワシは考えた。
 

“……そういえば、出家は生き物を殺さないというじゃないか。ならば、みすみすハトを差し出すだろうか。だが、出さねばこのオレが死ぬ。オレを生かすには、ハトを渡さねばならんだろう……。今の様子だと、彼はハトを助けるつもりかもしれぬ、そうなればオレが救われんが……”

 
修行者は静かに言った。
「ワシよ、汝の飢えはこのハトでなければ救えないのか?」
 
意図が分からず、ワシは沈黙した。
 
「このハトの肉でなければ、そなたの飢えはしのげないのか?」
修行者が言葉を換えて尋ねると、ようやくワシは口を開いた。
「そんなことはありません。同じ量であれば、私は死なずにすみましょう」
「ならばどうじゃ。同じだけ肉を与えるから、ハトを助けてはくれないか」

“そんな肉がどこにあるというのだろう?”といぶかりつつ見守っていると、驚いたことに出家は、自ら片方の腿の肉をそいで、ハトの目方と合わせた。だが、まだ軽かったのだろう。もう一方の肉をそいで量る。まだ足りぬのか、身体のあちこちの肉をそいで、ハトの目方と同じ量の肉を集め、優しく与えてくれたのだった。
 
ワシはようやく飢えを満たした。
ハトも死を免れて喜んだ。
ともに生命を全うしたのを見て、修行者も喜んだ。この出家こそ、仏のさとりを求めて修行していた後の仏陀・釈迦牟尼世尊その人であった。
 
ワシに慈悲心を教えるのも尊い。
ハトに諦観を説かねばならぬこともあろう。
しかしお釈迦様は、最も困難で、苦しい道を進まれた。
最高無上の道だからである。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。 20年以上学んできたことを、年間100回以上、仏教講座でわかりやすく伝えています。
 
   

<div class="campaign">
<div class="campaign-inner">
<img src="/wp-content/uploads/2018/06/icon_116592_256-1.png" alt="icon" class="present-img"/>
<div class="todoroki-title">
<h4>仏教月刊誌『とどろき』</h4>
<h4>無料プレゼントキャンペーン</h4>
<h1></h1>
</div>
<p>「実家は浄土真宗。</p>
<p>そろそろちゃんと知っておかないといけないが、</p>
<p>どうすればいいのか、分からない……」</p>
<p>そんな悩みを持つあなたへ。</p>
<p><strong>読者10万人に喜ばれ、「最も浄土真宗が分かる」と評価の高い仏教月刊誌『とどろき』を、<br>
今なら無料でプレゼントしています。</strong></p>
<img class="aligncenter size-full wp-image-569" src="/wp-content/uploads/2017/01/se-main.jpg" alt="102635511" width="315" height="448" />
<ul>
<li>親鸞聖人とはどんな人なのか?</li>
<li>「正信偈」にはどんなことが書かれているの?</li>
<li>南無阿弥陀仏の本当の意味は?</li>
<li>葬式、法事に必要な知識はなに?</li>
</ul>
<p>など、浄土真宗の知っておきたいことを</p>
<p>イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。</p>

<div class="click-space">
<div class="here">
<p class="here-p">期間限定で</p>
<p class="here-p">無料プレゼント!</p>
<div class="click-btn">
<a href="https://tulipk.heteml.jp/tulipk/lp/present.html" onclick="ga('send','event','link','click','banner_todoroki_under');"><p>今すぐここを</p><p>クリック!</p>
</a>
</div>
</div>
</div>

<p>サンプルとして『とどろき』6月号の一部内容をご紹介いたします。

<div class="pdf">
<img src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_120560_64.png" alt="pdf" />
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806mokuji.pdf" role="button">目次</a>
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806shounin.pdf" role="button">親鸞聖人を訪ねて</a>
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806juku.pdf" role="button">大人の仏教塾</a>
<a class="pdfBtn" href="https://www.tulip-k.co.jp/images/press/todoroki/1806pdf/1806kirino.pdf" role="button">謎の同窓生キリノ</a>
</div>
</div>

<div class="campaign-inner">
<section class="mail">
<h1><img src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_112180_128-1.png" alt="icon" class="mail-img"/>メール講座のご案内</h1>
</section>
<p>また、今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容を<strong>メールで</strong>お送りします。</p>
<p>メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。</p>
<p>さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを<strong>登録後のページで無料配布しています。</strong>
<p><strong>毎月先着100名様の限定です。(メール講座はいつでも解除できます)</strong></p>
<p>サンプルPDFを<a href="https://tulipk.heteml.jp/tulipk/lp/data/syousingesamle.pdf"><span class="mark" style="font-weight:bold;">こちら</span></a>から閲覧できます。</p>

<div class="click-space">
<div class="click-btn">
<a target="_blank" href="https://tulipk.heteml.jp/tulipk/lp/presentDe.html" onclick="ga('send','event','link','click','banner_mail_under');"><p>登録は</p><p>こちらから</p></a>
</div>
</div>

</div>
</div>

 
book_banner   マンガでわかる浄土真宗   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ

キーワード検索

book_banner   マンガでわかる浄土真宗   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯