menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

会い難き真の知識・法然上人

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:親鸞聖人のご生涯 タグ:
 
会い難き真の知識 法然上人

京都・知恩院

親鸞聖人は後生の解決を求め9歳から比叡山で修行なされましたが、20年の歳月がたっても明かりがつかなかったのです。

ついに比叡山での20年の修行に終止符を打ち、真の知識(まことの仏教の先生)を求めて山を下りられました。

*比叡山……京都と滋賀の境にある山。天台宗の本山がある

目次

  • 法友・聖覚法印(せいかくほういん)に導かれて
  • 会い難き法然上人
  • 師への深い敬慕

法友・聖覚法印(せいかくほういん)に導かれて

親鸞聖人は一息切れた後生の解決を求めて、京都の町を夢遊病者のようにさまよわれました。

その時、かつて比叡山でともに修行された聖覚法印と出会われました。

聖覚法印は親鸞聖人より早く比叡山を下りて、京都吉水(よしみず)の法然上人のお弟子になっておられました。

「おや、親鸞殿ではござらぬか」

聖覚法印の声に振り向かれた親鸞聖人のお顔は、晴れやかな聖覚法印の表情とは対照的な、沈痛な面持ちでした。

「肉体はどこも悪くはありませんが、親鸞、心の病気で苦しんでおります。聖覚殿、あなたはこの後生暗い心の解決、どうなさいましたか」

その問いを待っていたかのように聖覚法印は、満面の笑顔で法然上人を紹介されるのです。

会い難き法然上人

当時、法然上人には380人余りのお弟子がありました。

浄土仏教の阿弥陀仏の本願を説かれる法然上人に導かれ、弥陀の救いにあわれた親鸞聖人はお弟子の1人に加わられたのです。

以来、親鸞聖人は法然上人を会い難き師と尊敬され、生涯慕い続けられました。

数多くの著作からそれは、ひしひしと伝わってまいります。

親鸞聖人が法然上人から直接教えを受けられたのは、29歳から35歳までの約6年間。

親鸞聖人90年のご生涯の中では、ほんの短い期間です。

しかし、このご縁が親鸞聖人にとって生涯忘れえぬ、かけがえのない一時となったのです。

短いご縁でありながら、法然上人を生涯敬慕されたのはなぜだったのでしょう。

その真の理由はあまり知られてはいませんが、聖人90年のご活躍の原点を知るには、大変大事なことです。

師への深い敬慕

聖人は76歳の御時、法然上人をたたえられたお歌(和讃)を20首作られています。

終生絶えなかった恩師への謝念が拝察されます。その和讃の一節に、次のように書かれています。

「真の知識にあうことは かたきが中になおかたし」(高僧和讃)

*高僧和讃……親鸞聖人がインド・中国・日本の七人の高僧を賛嘆された詩

「知識」とは「あの人は科学的知識のある人だ」などと使う「知識」とは全く違い、仏教用語で「仏教を伝える人」をいいます。

「真の知識」とは、真実の仏教を教える先生のことです。

「真の知識にあうことはかたきが中になおかたし」とは、正しい仏教を教える師に巡り会うのは、難しい中になお難しい、めったにないことであると、親鸞聖人が仰っているお言葉です。

「本当の仏教の先生に会うのは、難しいそうですよ」と、他人事のように言われたのではなく、親鸞聖人ご自身が血みどろの20年間のご修行から、骨身に徹して知らされた実感でした。

親鸞聖人が学ばれた比叡山は、当時、日本で一流とされた仏教者が講義をしていた仏教の中心地で、正しい仏教を学べる場所はここ以外ない、と誰もが認める学び舎だったのです。

そこで刻苦勉励、叡山の麒麟児(きりんじ)と評され、厳しい大曼(だいまん)の難行まで遂げられた方が親鸞聖人でした。

ところが後生暗い心の解決ができるまことの教えを渇求するも、教授される師には会えず、29歳の御時、泣き泣き山を下りられました。

9歳で出家されてより、20年の歳月が流れていました。

「真の知識にあうことはかたきが中になおかたし」

真実の仏教を教えてくださる方にお会いするのは、まことに難中の難なのです。

では、真実の仏教を教えられる真の知識とは、どんなことを教えてくださる方なのか。続きます。

*麒麟児……特にすぐれた才能を持ち、将来を嘱望される若者

続き

(7)善知識・法然上人に会われた親鸞聖人

 
 
 
book_banner   映画なぜ生きる   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯