menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

基礎から学ぶ仏教

慈悲に大も小もあるのか|仏教で教えられる大慈悲と小慈悲

あなたは「慈悲深い人」と言うとどのような人を思い浮かべるでしょうか。 面倒見がよい人 優しい人 怒らない人 いつも笑顔の人 生き物を大切にする人 困っている人を助ける人 他人のために行動する人 このよ…続きを読む

貴乃花親方の「不退転」の決意|不退転とは元々仏教から来た言葉

平成30年9月末に元・横綱の貴乃花親方が日本相撲協会に引退届を提出したことが新聞各社で報じられました。 25日に提出し不備があったため保留となっていた引退届を26日に再度提出したことから、記事の見出し…続きを読む

彼岸花の別名の1つは「南無阿弥陀仏」|なぜそう呼ばれる?

彼岸花と言えば9月下旬のお彼岸の時期に赤い花びらを咲かせる植物で、見たことがある方も多いでしょう。 彼岸花を見たら「あ、ヒガンバナ」だと思いますが、実は彼岸花には日本語以外の言葉も入れると1000以上…続きを読む

究竟憐愍の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 10番目は究竟憐愍の恩です。

遠行憶念の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 9つめは遠行憶念の恩です。

為造悪業の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 8つめは為造悪業の恩です。

嚥苦吐甘の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 7つめは嚥苦吐甘の恩です。

洗潅不浄の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 6つめは洗潅不浄の恩です。

廻乾就湿の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 5つめは廻乾就湿の恩です。

乳哺養育の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 4つめは乳哺養育の恩です。

生子忘憂の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 3つめは生子忘憂の恩です。

臨生受苦の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 2つめは臨生受苦の恩です。

懐胎守護の恩 | お釈迦様から学ぶ親の恩

私たちは親から大きな恩を受けています。 お釈迦さまが親の恩を説かれた父母恩重経には親の恩を10に分けて、親の大恩十種を教えられています。 1つめは懐胎守護の恩です。

お釈迦さまの説かれた 「親の大恩十種」

私たちは親から大きな恩を受けています。 父母恩重経というお経に親の恩について詳しく説かれています。

観音菩薩・観音様とはどんな方でしょうか。

全国の寺院には、たくさんの観音像があります。 街を歩いていて「〇〇観音」と書かれている旗を見たことがある人も多いでしょう。 十一面観音、千手観音、如意輪観音など、観音といっても、いろいろあるようです。…続きを読む

運慶の最高傑作のモデル「無著菩薩」と「世親菩薩」の兄弟愛

運慶(うんけい)といえば、日本史の授業で、東大寺南大門の金剛力士立像を造った人と習いました。 2017年に、上野の東京国立博物館で開かれた「運慶展」は、大変な人気だったそうです。 金剛力士立像を見ても…続きを読む

“不退転の覚悟”はどれほど揺るがないのか|仏教の不退転の意味(中級)

以前政治家が「私は不退転の覚悟で臨みます」と言っていました。 退は“しりぞく”、転は“ころがる、ころげる”という字ですから、何があっても屈しないという意味の言葉です。 そもそもこの「不退転」という言葉…続きを読む

億劫(おっくう)だなぁと思った時に読んで下さい。億劫は実はすごい

疲れていて何をするのも気乗りせず、面倒くさいときに「何をするのもおっくうだわ」「考えるのもおっくうだ」と言います。 「おっくう」という言葉は耳にしたことがあると思いますが、漢字で書くと「億劫」です。 …続きを読む

源信僧都は親孝行な方だった|往生要集を書かれた源信僧都はどんな方か?

日本史の教科書にも出ている源信(げんしん)は「源信僧都(げんしんそうず)」とも言われ、日本仏教史上、燦然と輝く存在です。 源信僧都が活躍された平安時代後期は、末法思想(まっぽうしそう)が広がり、しばら…続きを読む

地獄はあるのかないのか。地獄の釜は誰が造ったのか。仏教の地獄とは?

仏教といえば、地獄、極楽が教えられていて、生きている時に良いことをした人は、死んだら極楽へ、悪いことをした人は死んだら地獄へ堕ちる、それが仏教だと、漠然と思っている人もいるのではないでしょうか。 地獄…続きを読む