menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

除夜の鐘はなぜ108回つくのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:基礎から学ぶ仏教 タグ:
 

(質問):除夜の鐘(じょやのかね)はなぜ108回つくのでしょうか。

(解答)
12月31日の夜、近くに寺がある人は、除夜の鐘をついたことがあるかもしれません。除夜の鐘とは、除夜とは、大晦日の夜のことです。大晦日は、1年最後の締めの日で、行く年を除き、来る年を迎える日ですから、「除日(じょじつ)」と言います。その日の夜ですから「除夜(じょや)」です。
なぜその日に鐘が108回つかれるのでしょうか。
108は、煩悩の数からきています。今年は、煩悩に振り回された一年であった。新年はそうならないようにと、108回つかれるようになったそうです。

除夜の鐘

煩悩とは何か。

煩悩とは、私たちを煩わせ悩ませるもので、1人に108あると教えられます。
特に私たちを煩わせ悩ませるものが3つあります。
これを三毒の煩悩といいます。

貪欲(とんよく) 瞋恚(しんに) 愚痴(ぐち)

貪欲とは、欲の心で、なければないで欲しい、あればあったでもっと欲しいと、キリのない心をいいます。
青色に例えられるのは、海は深いほど青みを増すことから、深さを表し、欲はキリがなく、どんどん欲深くなることを示しています。また、水ということから、水はどんどん広がっていくように、欲ももっともっとと広がっていく様を表しています。

特に人間の強い欲が5つあります。五欲といいます。

食欲 財欲 色欲 名誉欲 睡眠欲

食欲は、食べたい、飲みたい心。
財欲は、金や物が欲しい、物欲。
色欲は。男女の欲。
名誉欲は、人から褒められたい、悪く言われたくない心。
睡眠欲は、眠たい、楽がしたい心。

いずれも、キリがなく、どこまでいっても満足しない心ですので、煩い悩みます。

瞋恚とは、怒りの心で、欲が妨げられた時に起きます。
赤色に例えられるのは、怒りの炎ともいわれるように、怒りの心が起きると、熱くなります。「怒りは無謀に始まり後悔に終わる」と言われますように、一時の怒りで、大事なものを失うことがあります。この怒りの心でも煩い悩んでいます。

愚痴とは、ねたみそねみ、恨み、憎しみの心です。
黒色に例えられるのは、汚い、醜い心だからです。
自分よりも勝っている人を見て、心ひそかに、ねたみの心を起こします。他人に知られたくない、言えない心です。
自分が苦しいと、自分は悪くない、あの人のせいだ、この人のせいだと他人を恨む心も醜い心で、どうしてこんな心が起きるのかと煩い悩みます。

大晦日だけでなく、私たちは、朝から晩まで、どんなことを心で思っているか、振り返ってみましょう。

 

怒りの心で苦しんだことのある方はこちらをどうぞ

→ どうせなら「怒り」を「喜び」に転じてしまおう

 

 
 
 
book_banner   映画なぜ生きる   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯