menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

浄土真宗の祖師・親鸞聖人ってどんな方ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:なるほど親鸞聖人 タグ:
 

(質問):浄土真宗の祖師・親鸞聖人ってどんな方ですか?

(解答)
親鸞聖人は今から約800年前(平安末期)、京都にお生まれになりました。

4歳で父君、8歳で母君と死別され、世の無常に驚かれた聖人は、9歳で出家を志し、比叡山天台宗の僧侶となられます。

しかし、29歳の時、20年間の天台・法華の教えに絶望なされ、下山を決意。同じ年、京都・吉水の法然上人から教えを受け、本当の幸せになられました。

以後、90歳でお亡くなりになるまで、すべての人が本当の幸せになれる道を説き続けられたのです。今日、世界の光と多くの人から仰がれています。

詳しいご生涯は親鸞聖人のご生涯をご覧ください。

(質問):浄土真宗は、よく鎌倉新仏教といわれますが、親鸞聖人が新しく作られた教えなのですか?

(解答)

更に親鸞、珍らしき法をも弘めず、如来の教法をわれも信じ人にも教え聞かしむるばかりなり

これは、親鸞聖人の常の仰せです。

珍らしき法」とは、今まで誰も教えなかったことです。「親鸞は、今まで誰も教えなかったことを伝えているのではない。」
このように言われると「では、誰の教えを伝えているのですか」と聞きたくなります。
それに親鸞聖人が答えられたのが「如来の教法」です。この如来とは釈迦如来、お釈迦さまのことです。教法とは、教も法も、いつでもどこでも変わらない教えということです。如来の教法とは、お釈迦さまが教えられた仏教のことです。
われも信じ人にも教え聞かしむるばかりなり」:親鸞ももう間違いないと知らされ、皆さんにお伝えしているだけなのです。

親鸞聖人の教えといっても、仏教以外にはないことがわかります。親鸞聖人は、お釈迦さまの真意を明らかにされたのでした。

→ お釈迦さまとは、どんな方なのですか?

 

 

 
 
 
映画なぜ生きる   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯