menu

仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

本願寺に東と西があるのはどうしてですか?徳川家康にうまく利用された

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ: 更新日:2019/10/16
 
石山本願寺

石山本願寺推定地

今日の浄土真宗は真宗十派と言われ、十の宗派に分かれていますが、その中でも特に大きな教団が本願寺派(西本願寺)真宗大谷派(東本願寺)です。
 
浄土真宗でもウチはお西」「ウチはお東」と話しているのを聞かれた方もあるかもしれません。
 
なぜ本願寺は西と東に分かれているのでしょうか。
最初から分かれていたのか、ある時を境に分かれたのか。
疑問に思う方も多いようです。
 
今回は本願寺が西本願寺と東本願寺に分かれた理由について解説します。

(質問):同じ親鸞聖人や蓮如上人の教えなのに、なぜ、浄土真宗の本願寺が西と東に分かれているのでしょうか

(解答)

本願寺が東と西に分かれているのはどうしてか。
 
それは、戦国時代の石山戦争にまで歴史はさかのぼります。
 
石山戦争とは、織田信長石山本願寺との戦いです。
 
石山本願寺は、室町時代に活躍された蓮如上人(れんにょしょうにん)が晩年に大阪の石山の地に建立された一大拠点です。
 
石山本願寺は、現在の大阪城がある場所にありました。
石山戦争後に豊臣秀吉が石山本願寺の跡地に建てた城が大阪城です。
 
織田信長は、石山本願寺との戦争を10年以上続けましたが、石山本願寺を降伏させることはできませんでした。
 
このまま天下統一を足止めされることを好まなかった信長は、正親町天皇(おかちまちてんのう)を仲裁にたてて和睦を求めてきました。
 
その時和睦するか抗戦するかで、石山本願寺内の議論が2つに分かれました。
 
これが本願寺が東と西に分かれるきっかけとなります。
 
当時の石山本願寺のトップ、顕如上人(けんにょしょうにん)と三男の准如(じゅんにょ)は和睦を、長男の教如(きょうにょ)は籠城して徹底抗戦を主張し、意見は厳しく対立しました。
 
顕如上人は信長と和睦をすることを決め、石山本願寺を明け渡し、三男の准如と共に和歌山の鷺森(さぎのもり)別院へと移ったのです。
 
信長は和睦はしたものの、本願寺滅亡を画策していました。
明智光秀に本願寺への攻撃を命じましたが、「敵は本願寺にあらず、本能寺にあり」と馬首を翻した光秀によって信長は討たれました。これが有名な本能寺の変です。
 
結果的に、本願寺は明智光秀のおかげで滅亡から逃れることができたといえます。

親子の溝を徳川家康にうまく利用された

その後も、顕如上人と教如の親子の溝は埋まることなく深まるばかりでしたので、顕如上人は三男の准如へ本願寺の宗主職をゆずったのです。
 
これが今日の西本願寺となります。
 
その後、日本統一を果たした秀吉は、本願寺に対して敬遠主義をとって一生終わりましたが、徳川家康は巨大な本願寺勢力の分断を謀略し、不満のたまっていた教如に寺地を寄進して、東本願寺を別に建てさせました
 
これより本願寺は2つに分かれて、西本願寺東本願寺となったのです。

親鸞聖人の教えに西も東もありません

このような背景があったため、室町時代の蓮如上人の時代には、西も東もありませんでした
親鸞聖人の教えにも、西も東もありません。
 
ともに、親鸞聖人、蓮如上人を敬っていますので、親鸞聖人蓮如上人がどのようなことを教えられたのかを知ることが大事ではないでしょうか。

まとめ

本願寺は最初は1つでしたが、信長との戦いである石山合戦によって生まれた顕如上人と教如との親子の確執と、徳川家康の勢力分断策によって戦国時代~江戸時代の間に西本願寺と東本願寺に分かれました。
 
しかし親鸞聖人の教えには西も東も関係ありません
正しい親鸞聖人の教えを学んでいただきたく思います。

 

(参考)

他力本願と石山合戦|石山本願寺を護った浄土真宗の門徒達

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。 20年以上学んできたことを、年間100回以上、仏教講座でわかりやすく伝えています。
 
   

<div class="campaign">
<div class="campaign-inner"><section class="mail">
<h1><img class="mail-img" src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_112180_128-1.png" alt="icon" />メール講座のご案内</h1>
</section>今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容を<strong>メールで</strong>お送りします。

メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。

さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを<strong>登録後のページで無料配布しています。</strong>

<strong>毎月先着100名様の限定です。(メール講座はいつでも解除できます)</strong>

サンプルPDFを<a href="/lp3/data/syousingesamle.pdf" target="_blank" rel="noopener"><span class="mark" style="font-weight: bold;">こちら</span></a>から閲覧できます。
<div class="click-space">
<a href="/lp3/presentDe.html" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_mail_under');">
<div class="click-btn">

登録は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
<div class="todoroki-title">
<h1><img src="/wp-content/uploads/2019/08/taikenban2-150×150.png" alt="" width="150" height="150" class="aligncenter size-thumbnail wp-image-7104" />仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント</h1>

「仏教を学んでみたい」と思われたあなたへ。

<strong>受講者20万人を突破</strong>した仏教講座が、自分のペースで繰返し学べる<strong>6回完結型の仏教通信コース</strong>となりました。

今なら、無料体験版「お釈迦さまってどんな方?」をまとめた冊子と解説CDをプレゼント中。
<div class="click-space">
<div class="here">
<p class="here-p">毎月100名様に</p>
<p class="here-p">無料プレゼント!</p>

<a href="/course/" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_cd_under_2');">
<div class="click-btn">

応募は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
</div>
</div>

 
マンガでわかる浄土真宗バナー   マンガでわかる仏教バナー   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント

キーワード検索

マンガでわかる浄土真宗バナー   マンガでわかる仏教バナー   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯