menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

灯明(とうみょう)・仏花(ぶっか)の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:仏事 タグ:
 

(質問):お仏壇の灯明(とうみょう)やお仏花(ぶっか)には何か意味があるのでしょうか?

(解答)
灯明(とうみょう)」とは、お仏壇に灯す明かりをいい、阿弥陀仏の計り知れない「光明」を表しています。光明とは智恵ともいい、仏さまのお力をいいます。
仏花」は、仏さまにお供えする花のことで、阿弥陀仏の「慈悲」を表します。

仏さまは、智恵慈悲の両面もたれた方と教えられます。
その仏さまの智恵を「灯明(とうみょう)」で表し、慈悲を「仏花」で表しているのです。

仏花

智恵とは、私たちの先の見えない暗い心(仏教では「無明の闇」という)
明るい心にする
働きがあります。

慈悲とは仏教で「抜苦与楽(ばっくよらく)」といいます。

慈=抜苦 悲=与楽

苦しんでいる人がいたら放っておけない、苦しみをなくしてやりたい心が慈悲の「」、楽しんでもらいたい、幸せにしたい心が慈悲の「」です。

親の慈悲といえば、親の子供に対する抜苦与楽の心をいいます。

仏さまの慈悲を「大慈悲」といい、人間の慈悲を「小慈悲」といわれます。
どうして人間の慈悲を小さな慈悲、「小慈悲」といわれるのでしょうか。
人間の慈悲には3つの特徴があるからです。

1.気持ちが続かない
2.平等ではない
3.よかれと思ってやったことがかえって相手を苦しめることがある

それに対して、仏さまの慈悲は、

1.変わることがない
2.すべての人に平等にかかる
3.智恵にうらづけられているので、相手を苦しめることがない

この仏さまの慈悲を「大慈悲」といい、「仏花」で表しているのです。

 
 
 
book_banner   映画なぜ生きる   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯