menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

どうして仏教では合掌するのでしょうか。手をあわせる合掌の深い意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:基礎から学ぶ仏教 タグ:
 

どうして仏教では合掌するのでしょうか。

(質問):どうして仏教では合掌するのでしょうか。

(答え)
海外の人が日本に来て驚くことの一つに、日本人が合掌する姿だそうです。

東南アジアのキックボクサーは、試合開始の時に、合掌しています。

合掌は仏教と関係深い作法なのです。

 

仏教では、合掌とは、両手をあわせて仏を拝む時の礼法をいいます。

仏教はインドでお釈迦さまが説かれました。

当時のインドでは、右手は清浄(しょうじょう)、左手は不浄(ふじょう)を表します。

それで、仏教では、右手が仏(ほとけ)、左手は衆生(しゅじょう)・人々を表しています。

この右手と左手を合わせることで、仏と衆生が一つになって、仏に成るという意味があります。

そういう意味から、仏教では、仏を礼拝する時は、合掌します。

 

また、僧侶があいさつする時も合掌しています。

合掌で、相手を敬い、感謝の意を表しています。

手紙では、普通、拝啓や前略から始めますが、仏教では、合掌から始めるのも、その理由だからです。

 

食事の時に、食前、食後に、合掌している人も少なくないのではないでしょうか。

これは、食事を作った人、また、食材を育てた人、ひいては、自然の恵みまで含めて、感謝を表しています。
寺によっては、ただ合掌して「いただきます」だけでは、物足りない、寂しいので、食前の言葉、食後の言葉を決めているところもあります。

食前の言葉
「ありがたき今日のご縁に感謝して、いただきます」

 

→ 食後の「ごちそうさまでした」の深い意味

 

 
 
 
book_banner   映画なぜ生きる   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯