menu

仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

みょうがと物忘れとどんな関係?|茗荷の由来はお釈迦様の弟子にあり

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:基礎から学ぶ仏教 タグ: 更新日:2020/07/17
 

6月18日にテレビ朝日系列で毎週平日放送中の「グッドモーニング」の中の「ことば検定」で林修先生が「茗荷(みょうが)」について解説していました。
 
(問題)みょうがを食べると物忘れが酷くなる、由来は?
 
1、大工の棟梁
2、お釈迦さまの弟子
3、様子がおかしい
 
答えは、2の「お釈迦さまの高弟」です。
 
お釈迦さまの弟子に周利槃特(しゅりはんどく)というお弟子がいましたが、彼のお墓に生えた草を「茗荷(みょうが)」と名付けたのが茗荷という名前の始まりです。
 
どうして発音も字も似ていない周利槃特(しゅりはんどく)が茗荷(みょうが)の由来となったのでしょうか。

周利槃特とは

周利槃特(しゅりはんどく)はお釈迦さまの弟子でしたが、生まれつき物覚えが悪く、自分の名前も覚えられなかったため、自分の名前を書いた板を首から下げて名前を聞かれたときにその板を見せて名乗るほどでした。その一方、お兄さんの摩訶槃特(まかはんどく)は優秀な人で、周利槃特より先にお釈迦さまの弟子になり、頭角を現していました。
 
周利槃特はお兄さんの摩訶槃特の勧めで出家しますが、3ヶ月経っても仏教の教えを一文も覚えられなかったため、さすがに見かねた摩訶槃特は周利槃特を還俗させようと思い、「おまえはあまりにも愚かでこの教えを聞いても意味がない。家に帰った方がよいだろう」と伝えました。
その言葉を聞いた周利槃特はショックのあまり、道でうずくまって泣いていると、ちょうどお釈迦さまが通りかかられました。
 
「なぜそんなに悲しむのか」
 
お釈迦さまがお尋ねになると、顔を上げた周利槃特は自分の愚かさを告白しました。
 
「悲しむ必要はない。おまえは自分の愚かさを知っている。世の中には賢いと思っている愚か者が多い。愚かさを知ることは、最もさとりに近いのだ」
 
お釈迦さまは周利槃特を優しく慰めて、一本のほうきと「塵を払わん、垢を除かん」の聖語を授けられて、毎日掃除をするよう言いました。
 
周利槃特はお釈迦さまの言いつけの通り掃除をしながら、「塵を払わん、垢を除かん」の言葉を必死に覚えようとしましたが、「塵を払わん」を覚えると、「垢を除かん」を忘れ、「垢を除かん」を覚えると、「塵を払わん」を忘れ、こんな短い言葉でもなかなか覚えることもできませんでした。
 
しかし周利槃特は、それを20年間続けました。その間、一度だけお釈迦さまから褒められたことがありました。
「そなたは何年掃除しても上達しないが、それに腐らずよく続けている。上達することも大切だが、根気と継続はもっと大事だ。そこが他の弟子に見られぬ殊勝な点だ」
 
彼のひたむきな精進を、お釈迦さまは評価されたのです。
 
やがて周利槃特は、チリやホコリは、あると思っている所ばかりにあるのではなく、“こんな所にあるものか”と思っている所に意外にあるものだと知り、そして、
「自分は自分のことを愚かだと思っていたが、自分で気づかないところに、どれだけ愚かさがあるか分かったものではない」と驚きました。
 
そのときついに彼に、阿羅漢のさとりが開けたのです。
 
後に周利槃特は十六羅漢と呼ばれる、お釈迦さまのお弟子の中でも特に優れた弟子の一人として、「義持第一の周利槃特尊者」と呼ばれるようになりました。

周利槃特と茗荷の関係

周利槃特の死後、彼の墓の周りに見慣れない草が生えてきました。
その草を何と呼ぶか考えたとき、周利槃特が自分の名前が覚えられず、名前を書いた板を背負っていたことから「名」を「荷(にな)う」ということでその草に「茗荷」と名前を付けました。
それが今日まで残っているのです。
 
話は変わりますが、周利槃特をモデルにして作られたのが赤塚不二夫さんのマンガ「天才バカボン」に出てくる「レレレのおじさん」だという説があります。
 
お釈迦さまのことを別の呼び方で「薄伽梵(ばかぼん)」と呼びますが、ここから「バカボン」というキャラクターの名前が付けられたとも言われていますが、赤塚不二夫さんがそう言われたわけではなく、別の人が考えた説です。
 
ただ赤塚不二夫さんが仏教に詳しかったのは事実のようで「天才バカボン」の中にバカボンのパパはお釈迦さまと同じように生まれてすぐに歩き、「天上天下唯我独尊」と言ったというエピソードがあります。→パパの誕生秘話
 
お釈迦さまが生まれたときのエピソードに関してはこちらの記事で紹介しています。

お釈迦さまの「天上天下唯我独尊」の本当の意味をご存知ですか

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。 20年以上学んできたことを、年間100回以上、仏教講座でわかりやすく伝えています。
 
   

<div class="campaign">
<div class="campaign-inner"><section class="mail">
<h1><img class="mail-img" src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_112180_128-1.png" alt="icon" />メール講座のご案内</h1>
</section>今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容を<strong>メールで</strong>お送りします。

メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。

さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを<strong>登録後のページで無料配布しています。</strong>

<strong>毎月先着100名様の限定です。(メール講座はいつでも解除できます)</strong>

サンプルPDFを<a href="/lp3/data/syousingesamle.pdf" target="_blank" rel="noopener"><span class="mark" style="font-weight: bold;">こちら</span></a>から閲覧できます。
<div class="click-space">
<a href="/lp3/presentDe.html" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_mail_under');">
<div class="click-btn">

登録は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
<div class="todoroki-title">
<h1><img src="/wp-content/uploads/2019/08/taikenban2-150×150.png" alt="" width="150" height="150" class="aligncenter size-thumbnail wp-image-7104" />仏教がやさしく分かる
冊子と解説CDプレゼント</h1>

「仏教を学んでみたい」と思われたあなたへ。

<strong>受講者20万人を突破</strong>した仏教講座が、自分のペースで繰返し学べる<strong>6回完結型の仏教通信コース</strong>となりました。

今なら、無料体験版「お釈迦さまってどんな方?」をまとめた冊子と解説CDをプレゼント中。
<div class="click-space">
<div class="here">
<p class="here-p">無料プレゼント!</p>

<a href="/course/" target="_blank" onclick="ga('send','event','link','click','banner_cd_under_2');">
<div class="click-btn">

応募は

こちらから&nbsp;

</div>
</a>
</div>
</div>
</div>
</div>

 
マンガでわかる浄土真宗バナー   マンガでわかる仏教バナー   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント

キーワード検索

マンガでわかる浄土真宗バナー   マンガでわかる仏教バナー   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯