menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

お釈迦さまが説かれた絶対の幸福|底抜けに明るい心の長者になれる

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:なるほど親鸞聖人 タグ:
 

8985f675fcb3623526e924954bdd5704_s

世界の偉人と仰がれる仏陀・釈迦牟尼(お釈迦さま)は、すべての人が、「本当の幸福」になれる道を明らかにされました。
その幸福についてお釈迦さまは、「世に三長者あり(世の中には3通りの幸せな人がある)」と教えられています。
3種の、どんな「長者」がいるのでしょうか。

目次
・12月8日はお釈迦さまが「仏」になられた日
・「無常の世」にあって「真実の幸福」を求められたお釈迦さま
・お釈迦さまの説かれた「心の長者」とは

12月8日はお釈迦さまが「仏」になられた日

12月8日は、釈迦成道(仏のさとりを開かれた)の日として知られています。
今から2600年前、インドでお釈迦さまが、35歳の12月8日に仏のさとりを開かれてから、80歳でお亡くなりになるまでの45年間、私たちに教えてくだされたのは、「どんな人も本当の幸福になる道」でした。
仏教を聞けば、あなたも心に最高の宝を獲て、世界で最も幸せな「心の長者」になれるのだよ、とお釈迦さまは、教導されているのです。
今日でも「長者番付」などと使われるように、お金や物に恵まれた人を「長者」といいますが、「そんな長者に3通りある」とお釈迦さまは教えられています。
1つには「家の長者」、2つに「身の長者」、3つめは「心の長者」といいます。それぞれどのようなことなのでしょうか。

【1】家の長者・・・財やお金に恵まれた人

家の長者とは、家や財産、お金や物に恵まれ、豊かな暮らしをしている、いわゆる、私たちが「長者」と聞いて思い浮かべる人のことです。
戦後の焼け野原から今の日本を築くため、私たちの先輩たちは、大変な苦労をしてきました。
かつて子供の憧れは、「巨人・大鵬・卵焼き」の3つでした。
野球は「巨人」、力士なら「大鵬」、そして、最後は「卵焼き」。
今や豊富に売られる「卵」は、どこのスーパーでも1パック200円ほど。
しかし当時は高価で、なかなか子供の口には入らなかったのです。
1950年代、「三種の神器」といわれた白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫。
それが60年代には、カラーテレビ、クーラー、自動車が「三種の神器」となった。
豊かになると、持てる物も変わってきます。
今日では、子供から大人までほとんどの人がスマホを持ち、テレビは大きく薄型、高画質。
洗濯機はボタン1つで乾燥まで。
車は一人1台という家庭もあり、私たち日本人は、世界でも有数の「家の長者」といえましょう。
懸命に働いて、こんな便利で恵まれた社会を作り上げてくれた先人たちに、心から感謝せずにおれませんね。

「はたらく」とは「傍(周囲の人々)を楽にする」ことだから、本来「人の幸せのために努力する」こと。
そんな、「自利利他(自分以外の人を幸せにするままが、自分が恵まれること)」に生きる人こそ、「家の長者」となれるのでしょう。

【2】身の長者・・・ 健康で元気な人

どんな病気であっても、その苦しみは「甲乙つけ難い」から、「病」は、病だれに「丙」と書くともいわれます。
健康は、失った時、そのありがたさがしみじみと知らされるもの。
お釈迦さまは、2番目に「身の長者」を挙げて、健康という宝に恵まれた人は、大変に幸せなのだよと教えられています。
イスに座ってのデスクワークは、毎時22分、寿命を縮めるとする研究結果が報告され、最近は立って会議やパソコンに向かい、仕事のあとに公園でウオーキングしたり、ジムに通って体力作り。
コラーゲン、コンドロイチン、オルニチン、グルコサミン、などさまざまなサプリメントを服用する人も増えています。
自分が運動し、身体によい物を食べなければ、健康は手に入りません。

いつも穏やかに、明るく過ごすことが、体にもいい影響を及ぼすことは、一般にもよく知られています。
仏教で説かれる「和顔愛語(和やかな笑顔と、相手を気遣う優しい言葉)」を心がける人は、他人に幸せを振りまく人だから、必ず幸せが巡ってくるのだよとお釈迦さまは、教えておられます。
「因果の道理(自分の行為が、自分の運命を生み出す)」に従って生きる人こそ、「身の長者」と恵まれましょう。

【3】心の長者・・・ 生命の歓喜を獲た人

最後にお釈迦さまは、「家の長者」、「身の長者」も素晴らしいが、いちばんよいのは心に最高の宝を獲た、「心の長者」だと教えられます。
「人間に生まれてよかった、生きてきてよかった、この身になるための人生だったのか」
と生命の歓喜、永遠の魂の喜びを獲た人だからです。

 

「無常の世」にあって「真実の幸福」を求められたお釈迦さま

世に3種の長者ありと説かれ、中でも「心の長者」を勧められたお釈迦さまは、約2600年前、インドのカピラ城主・浄飯王(じょうぼんのう)とマーヤー夫人の元、4月8日に太子として誕生され、悉達多(しったるだ)と名づけられた。
幼少から文武ともに優秀で、健康にも恵まれ、まさに「家の長者」「身の長者」の代表のような方であった。
ところが、そんな太子が成長するにつれ、深刻な物思いにふけられるようになっていく。

心配した王は、何とか明るい太子にしてやりたいと、19歳で国一番の美女といわれたヤショダラ姫と結婚させ、さらに、春夏秋冬の季節ごとに御殿を造らせ、500人の美女をはべらせたが、太子の暗い表情は、一向に変わらなかった。
心配する両親にも太子は、一向にその悩みを打ち明けようとされない。
ところがある日、意を決した太子は、父王に手を突いて、
“城を出て、まことの幸福を求めさせてください”
と頼まれた。驚いた浄飯王、
「一体、何が不足でそんなことを言うのか。おまえの望みは何でもかなえてやろう」。
「それでは父上、申しましょう。私の願いは3つです」
「3つの願いとは何か」
不審そうに浄飯王が聞くと、悉達多太子は、キッパリとこう答えられた。
「私の願いの1つは、いつまでも今の若さで年老いないことです。望みの2つは、いつも達者で病気で苦しむことのないことです。3つめの願いは、死なない身になることです」
それを聞いた浄飯王は、
「そんなことになれるものか。無茶なことを言うものではない」
と、あきれ返って立ち去ったといわれます。

「健康、財産、地位、名誉、妻子、才能などに恵まれていても、やがて全てに見捨てられる時が来る、どんな幸福も続かないではないか……」
この現実を深く知られた太子は、心からの安心も満足もできなかったのでしょう。

「この無常の世にあって、どうしたら本当の幸福になることができるのか」
そんな思いを日々深めておられた太子が、ついに夜中ひそかに城を抜け出し、山奥深く入られたのは、29歳2月8日のことでありました。
そして私たちの想像もできない厳しい修行を、6年間なされ、35歳の12月8日、ついに仏覚を成就なされたのです。以来、80歳でお亡くなりになるまでの45年間、仏として、すべての人に、早く「心の長者」になれよ、と勧めていかれた教えが、仏教です。

お釈迦さまの説かれた「心の長者」とは

仏教書で最大のベストセラー『歎異抄』。
『歎異抄』は読めば読むほど「真実のにおいがする」と書いた有名な歴史小説家・司馬遼太郎も、その妙なる香りを感じ取ったのでしょう。
親鸞聖人の言葉が流れるような名文で記され、中でも重要な第1章には、お釈迦さまの説かれた「心の長者」とは、「摂取不捨の利益(せっしゅふしゃのりやく)」を獲た人だと、示されています。

仏教で「利益」とは、幸せのこと。
「摂取不捨」とは、ガチッと摂め取られて、捨てられないことですから、「心の長者」になった人は、永遠に色あせることのない「絶対の幸福」になるのだ、と言われているのです。

私たちの人生も、振り返ってみれば「一炊の夢」のごときはかないもの。「夢」という字の「くさかんむり」は十を二つ書いて二十代の青年期。その下の「四」が四十代で壮年期。暮れゆく「夕」は老年期を表すそうです。

俳聖・松尾芭蕉は、岩手県平泉を訪ねたおり、
「夏草や 兵どもが 夢の跡」
と詠みました。
栄耀を誇った奥州藤原氏が、一たび頼朝と義経・弁慶の争乱に巻き込まれるや、一身を懸けて駆け抜け争い、築き上げて守らんとしたが、彼らの100年の栄華は、たちまち滅んでしまった。
今や茫々たる夏の野に、芭蕉は夢の浮世を見たのでありましょう。

どんな栄耀栄華も、「ほんのささやかな、一瞬の幸せ」。
そんなシャボン玉のように、フワフワ浮いてパチンと消える幸せではなく、永遠不滅の幸福をお釈迦さまは求められたのです。

この世80年100年の肉体とは比較にならぬ永遠の生命が、どんな財宝も及ばぬ最高の宝を獲れば、「心の長者」と生かされ、「ああ、私は大宇宙で最高の幸福者だ」と喜べる「絶対の幸福」になれるのです。

そんな「絶対の幸福」とはどんな幸福なのか、どうしたらなれるとお釈迦さまは教えられているのでしょうか。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
book_banner   映画なぜ生きる   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事