menu

仏教をやさしく学べる
テキストと解説CDを
今なら無料プレゼント

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

念仏称えたら死ねば極楽?この世から幸せになれるのが親鸞聖人の教え

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:基礎から学ぶ仏教 タグ: 更新日:2018/11/15
 

南無阿弥陀仏」と称えると、死んだら極楽に往ける、と教えられたのが親鸞聖人であり、浄土真宗の教えだと思われている方が多いようです。

ところが親鸞聖人は、南無阿弥陀仏には、この世から私達を幸せにする力があると教えられています。

南無阿弥陀仏をとなうれば この世の利益きわもなし
流転輪廻のつみきえて 定業中夭のぞこりぬ
(現世利益和讃)

(意訳)

「大功徳の南無阿弥陀仏を称えれば、苦しみの根源が断ち切られ、受けて当然な不幸や災難や若死からものがれて、この世から限りなき幸せになるのである」

これはどういうことでしょうか。

「流転輪廻のつみきえて」とは

人生は苦しみの花咲く木、とも言われます。

病気の苦しみ、肉親との死別、不慮の事故、家庭や職場での人間関係、借金の重荷、老後の不安など、挙げればキリがありませんが、生きていれば、様々な苦しみに襲われます。

そんな苦しみを解決しよう、あるいは少しでも和らげようと、悪戦苦闘しているのが私たちの毎日ではないでしょうか。
それは、苦しみという花を、一つ一つ切り落とそうとする努力に例えられます。

ところが、そうやって1つの苦しみを解決すると、花を摘んでも木がまた別の場所に花を咲かせるように、また別の苦しみが現れて、人生から苦しみが無くなった、ということはありません。

その苦しみから離れきれない姿を、仏教では「流転輪廻」(るてんりんね)と言われます。

親鸞聖人は、その「流転輪廻」には根本原因があると教えられました。

それを「流転輪廻のつみ」といわれ、苦しみの根本原因が断ち切られて、変わらぬ幸せになったことを、「流転輪廻のつみきえて」と言われています。

「定業中夭のぞこりぬ」とは

「定業」とは、受けて当然の不幸や災難を言い、「中夭」とは、若死にということです。

もちろん、不幸や災難が一切来なくなる、絶対に若死にしなくなる、というわけではありませんが、大難が小難になる、と説かれています。

親鸞聖人が活躍された鎌倉時代の平均寿命は、わずか24歳であったと言われています。
そんな時代にあって、90歳まで生きられた親鸞聖人は、大変な長寿です。

また、親鸞聖人の師匠の法然上人は80歳、親鸞聖人の教えを日本全国に伝えられた蓮如上人は85歳と、いずれも長生きされています。

「南無阿弥陀仏をとなうれば」とは

「南無阿弥陀仏をとなうれば この世の利益きわもなし 流転輪廻のつみきえて 定業中夭のぞこりぬ」のお言葉を聞きますと、ただ口で「南無阿弥陀仏」と称えるだけで、そんな幸せになれるのかと、疑問に思われる方が多いと思います。

口で「南無阿弥陀仏」と称えることを、「念仏」と言います。
親鸞聖人は、念仏を称える時の心に注目され、念仏を大きく2つに分けて教えられています。
他力(たりき)の念仏」と「自力(じりき)の念仏」です。

この2つの念仏について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「南無阿弥陀仏」の念仏にはどんな意味があるのですか?

親鸞聖人が、「南無阿弥陀仏を称えれば、この世から限りなき幸せになれるのである」と教えられる念仏は、「他力の念仏」です。

その「他力の念仏」を称える身になるにはどうしたらよいのか、早く「他力の念仏」を称える身になり、生きている時に、限りなき幸せになってもらいたい、これ一つ教えられたのが親鸞聖人です。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。 20年以上学んできたことを、年間100回以上、仏教講座でわかりやすく伝えています。
 
   

<div class="campaign">
<div class="campaign-inner">
<section class="mail">
<h1><img class="mail-img" src="/wp-content/uploads/2018/07/icon_112180_128-1.png" alt="icon" />メール講座のご案内</h1>
</section>
<p>今なら仏教界でも評価の高い浄土真宗の月刊誌『とどろき』の内容を<strong>メールで</strong>お送りします。 </p>
<p>メールですので場所も取らず、毎日少しの時間で学ぶことができます。 </p>
<p>さらに今ならとどろきの内容のPDFデータを<strong>登録後のページで無料配布しています。</strong></p>
<p><strong>毎月先着100名様の限定です。(メール講座はいつでも解除できます)</strong></p>
<p>サンプルPDFを<a target="_blank" href="/lp3/data/syousingesamle.pdf"><span class="mark" style="font-weight: bold;">こちら</span></a>から閲覧できます。</p>
<div class="click-space">
<div class="click-btn">
<a target="_blank" href="/lp3/presentDe.html" onclick="ga('send','event','link','click','banner_mail_under');">
<p>登録は</p>
<p>こちらから</p>
</a>
</div>
</div>
</div>
<div class="todoroki-title">
<h1><img class="aligncenter wp-image-7062" src="https://1kara.tulip-k.jp/wp-content/uploads/2019/04/1134283.jpg" alt="" width="248" height="208" />仏教がやさしく分かる<br/> 無料動画プレゼント!</h1> こんな疑問を持たれたことはありませんか?
<div style="padding: 10px; margin-bottom: 10px; border: 1px solid #333333; border-radius: 10px;">
<p>・何のために生きているの?</p>
<p>・自分のことがよく分からない</p>
<p>・幸せになるにはどうしたら?</p>
<p>・仏教ってどんな教え?</p>
<p>・お釈迦さまってどんな方?</p>
<p>・仏事のことが知りたい</p>
</div>
<p><strong>この疑問にお答えする動画を無料で視聴できます。 </strong></p>
<p>さらに! 今なら「<strong>お釈迦さまってどんな方?</strong>」をまとめた冊子と解説CDもプレゼント!</p>
<p>(送料も無料)</p>
<a target="_blank" href="https://1kara.tulip-k.jp/course" onclick="ga('send','event','link','click','banner_cd_under_1');"><img class="alignnone size-full wp-image-569" src="https://1kara.tulip-k.jp/wp-content/uploads/2016/06/7_r2_c1.gif" alt="course" width="1000" height="507" /></a>
<div class="click-space">
<div class="here">
<p class="here-p">期間限定で</p>
<p class="here-p">無料プレゼント!</p>
<div class="click-btn">
<a target="_blank" href="https://1kara.tulip-k.jp/course" onclick="ga('send','event','link','click','banner_cd_under_2');">
<p>今すぐここを</p>
<p>クリック!</p>
</a>
</div>
</div>
</div>
</div>
</div>

 
    幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント

キーワード検索

    幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ   無料プレゼント
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯