menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現2

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:親鸞聖人のご生涯 タグ:
 

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義
親鸞聖人が京都にお帰りになった後の関東では、幕府の弾圧に加え、日蓮が「念仏称えたら無間地獄に落ちるぞ」と言い触らしました。

これに動揺した人たちが善鸞の元に行き、不安な胸中を打ち明けると

「実は父から自分だけが教えられた秘密の法文があるのだ」

と善鸞は有りもしない話をでっち上げ始めるのでした。

目次

  • 善鸞の「秘密の法文」
  • 善鸞の邪義を知られた親鸞聖人

善鸞の「秘密の法文」

善鸞の始めた邪義「秘密の法文」とはどんなものでしょうか。

この秘密の儀式は裏で連綿と受け継がれ、今日は「土蔵秘事(どぞうひじ)」「カギ法門」「不言講(いわずこう)」などといわれ、全国に広がっています。もちろん、親鸞聖人・覚如上人・蓮如上人の教えられたことと異なります。

すべてに当てはまるわけではありませんが、その特徴はおおよそ以下のようなものです。

1,絶対に秘密を守れと言う

2,夜中に授ける

3,彼らのいう知識(仏教の先生)から「それでよい」と認可される

4,儀式によって信心をもらう

5,救われた年月日時に覚えがなければならぬ、とやかましく言う

6,救われた後は、聞く気がなくなる

善鸞の邪義は、関東の人々の間に次第に広がっていきました。

「溺れる者はわらにもすがる」焦りから惑い、「秘密の法文がある」というささやきになびく人が、一人、また一人と、現れたのです。

善鸞の邪義を知られた親鸞聖人

不穏な空気を察した親鸞聖人の教えを聞いていた人たちが、親鸞聖人のお弟子方に相談しようと、稲田の草庵へ駆けつけて、対応を検討するようになりました。

*稲田の草庵……現在の茨城県笠間市稲田。親鸞聖人がお住まいになっていた所

このことはお弟子方から親鸞聖人に伝えられました。

わが子・善鸞の恐ろしいふるまいを知られた親鸞聖人の悲しみは、いかばかりであったでしょう。再三再四、京都から諌めの手紙を送られています。

「善鸞よ。仏法を歪曲し、人々を苦しめる以上の大罪はないのだ。今からでも遅くない。深く懺悔し、正しい仏法をお伝えするのだ」

このような善鸞の邪義と日蓮の出現で、まるで地震と台風とが同時に襲来したように、関東の人たちの心は大きく動乱しました。

「秘密の法文は本当にあるのか?」
「念仏は、地獄に堕ちるタネなのか?」
「後生の一大事、ほかに助かる道があるのでは……」

本当のところを、親鸞聖人に直接、お聞きしたい。

この思いは次第に強まっていきました。
関東で親鸞聖人の教えを聞いていた人たちは、重大な決断をするのです。

続き

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現3

 
 
 
book_banner   映画なぜ生きる   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

お釈迦様物語
親鸞聖人のご生涯