menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

「南無阿弥陀仏」の念仏にはどんな意味があるのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:なるほど親鸞聖人 タグ:
 

南無阿弥陀仏

質問:南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)と称える念仏には、どんな意味があるのでしょうか。

念仏とは、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」と口で称えることをいいます。
親鸞聖人(しんらんしょうにん)といえば、「南無阿弥陀仏」を思い浮かべる人も多いでしょう。

「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と、念仏さえ称えていれば、だれでも極楽へ往けると教えられたのが親鸞聖人」
と思われていますが、実は、大変な誤解なのです。
「念仏さえ称えていれば、死んだら極楽へ往ける、ということはありませんよ」と教えられたのが、親鸞聖人なのです。

親鸞聖人の教えを正確に伝えられた、室町時代の蓮如上人(れんにょしょうにん)は、こう教えられています。

ただ声に出して南無阿弥陀仏とばかり称うれば、
極楽に往生すべきように思いはんべり。
それは大に覚束(おぼつか)なきことなり。(御文章)

御文章(ごぶんしょう)とは、蓮如上人のお手紙です。

御文章には、何度も、ただ、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と念仏を称えていても死んだら極楽へは往けませんよと、その誤りを正しておられます。

 

南無阿弥陀仏と口で称える念仏にはどんな意味があるのでしょうか。

口で南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と称えていても、念仏は大きく2つに分かれます。
「他力(たりき)の念仏」と「自力(じりき)の念仏」です。

化学的には同じ涙でも、嬉し涙、悲し涙、くやし涙など、さまざまあるように、同じく南無阿弥陀仏と称えていても、称え心は、いろいろあります。

夜中に通る墓場で、魔除け心で称える念仏
肉親に死なれ、悲しみ心で称える念仏
台本にあるから、仕事心で称える俳優の念仏など、

称え心によって、念仏は「他力の念仏」と「自力の念仏」の2つに分かれます。

 

他力の念仏とは

他力とは、仏教では、阿弥陀仏の力のことを言います。

詳しいことを知りたい方はこちらへ

→ 「他力本願」の誤解と、本当の意味とは?

 

阿弥陀仏の力によって、無明の闇(むみょうのやみ)という暗い心が破れて、幸せになった人は、その嬉しさに、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と念仏を称えずにおれなくなります。
念仏は、阿弥陀仏へのお礼の言葉だからです。

お礼の言葉は、日本人なら「ありがとう」ですが、アメリカやイギリスの人なら「サンキュー」、フランス人なら「メルシー」、中国人なら「謝謝」と相手によって変わります。

阿弥陀仏に対しては、「南無阿弥陀仏」と称えることがお礼なのです。

これを他力の念仏といいます。

 

自力の念仏とは

自力の念仏とは、他力の念仏以外は、みな、自力の念仏といいます。

仏教で教えられる無明の闇(むみょうのやみ)という暗い心を知らず、墓参りや葬式などで、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と称えていれば、それは、自力の念仏です。

他力の念仏か自力の念仏かは、無明の闇という暗い心がなくなっているかどうか、破れているかどうかで分かれます。

 

無明の闇(むみょうのやみ)とは

無明の闇とは何か、破れたらどうなるのか。
親鸞聖人は、主著『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』の冒頭に

難思の弘誓(なんしのぐぜい)は難度の海(なんどのうみ)を度する大船
無碍の光明(むげのこうみょう)は無明の闇を破する慧日(えにち)なり

と教えられています。

親鸞聖人は、阿弥陀仏の力によって、苦しみの元である無明の闇が破れて、本当の幸せになって、自力の念仏から、他力の念仏を称える身になりなさいよと、教えていかれました。

教行信証には、それ一つ、教えられています。

→ 親鸞聖人の主著、国宝『教行信証』

 

では、そもそも、「南無阿弥陀仏」の六字は、どういう意味でしょうか。

→ 南無阿弥陀仏とは一言でいうと「幸せになれる特効薬」

 

月刊誌「とどろき」で詳しく説明していますので、ご覧ください。
→ 「南無阿弥陀仏」って何ですか(クリックでPDFが開きます)

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事