menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

「他力本願」の誤解と本当の意味とは?|「他力本願」は他人まかせ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ:
 

(質問):「他力本願」という言葉をよく聞きますが、「他力」とは、他人まかせのことですか?

他力本願

(解答)

「他力」とは、他人の力を略して「他力」というと思っている人が多いと思います。

また、自然の恵みに感謝する時に他力と使われることがあります。

 

実は、「他力」の語源は、仏教にあるのです。

仏教で「他力」とはどんな意味か、わかりますと、他力本願の意味もわかります。

では、仏教で他力とはどんな意味なのでしょうか。

「他力」と言うは如来の本願力なり

(親鸞聖人)

如来とは、ここでは、阿弥陀如来のことです。

如来の本願力とは、阿弥陀如来の本願力のことで、これを「他力」とも「本願他力」とも「他力本願」ともいいます。

他力 = 阿弥陀如来の本願力

それが今日では他人に依存することを他力本願といわれるようになりました。

 

(質問):阿弥陀如来の本願力とは、どんなお力ですか?

(解答)

阿弥陀如来について、お知りになりたい方はこちらへ

→ お釈迦さまと阿弥陀仏は、同じ仏さまですか?

 

本願力とは、本願の力ということです。
本願とは、本当の願い、願望をいいます。

人それぞれ、いろいろな願いをもって、生きています。
志望校に入りたい、あの会社に入社したい、あの人と付き合いたい、結婚願望、あの場所に一度行ってみたい、マイホームが欲しい、どうしてもあれが欲しい・・・・

何かあると願掛けする人も多いです。
「今年一年健康でありますように」
「今年こそ夢がかないますように」

その中で本当の願いと言われれば、他のことができなくてもこれ一つ叶えばいい、一番の願いをいいます。

私たちの願いを振り返ってみますと、自分のことや、自分の家族のことばかりではないでしょうか。
そんな中、社会の為、国の為にと、自分のことを後回しにして、力を尽くしておられる方を見ますと、素晴らしい願いだなと感心します。

では、仏さまは、どんな本願、願いをもっておられるのでしょうか。
すべての人を本当の幸せにしたいという願いです。
その願いに生き抜かれる方が仏さまなのです。

では、すべての人を本当の幸せにする阿弥陀如来の本願の力とはどんなお力でしょうか。

無明長夜の闇(むみょうちょうやのやみ)を破(は)し
衆生の志願(しゅじょうのしがん)を満てたまう

(親鸞聖人)

『無明長夜の闇を破し』

無明長夜の闇とは、無明の闇のことです。

無明の闇を破り、

『衆生の志願を満てたまう』

願いを満たすということで、

これを略して、「破闇満願(はあんまんがん)」といわれます。

阿弥陀如来の本願力 = 破闇満願

 

無明の闇(むみょうのやみ)」とは、私たちの心にある、暗い心のことです。

現在の日本は、昔に比べて生活は大変便利になりました。

世界の中でも、物質面で非常に恵まれています。

しかし、自殺者は、毎年2万人を超え、将来に不安を抱えている人がたくさんいます。

物やお金に恵まれても、心から満足できないのはどうしてか。

それは、無明の闇という暗い心があるからだと教えられています。

どんなに大好きな料理であっても、病気にかかっていては、おいしく食べることはできません。

反対に、健康で空腹であれば、どんな食事でもおいしく食べられます。

どんなに物やお金に恵まれても、無明の闇という暗い心で、心が病気にかかっているから、心から満足することができないのです。

この暗い心がなくなり(無明長夜の闇を破し)

本当の幸せになった(衆生の志願を満てたまう)ことを

破闇満願(はあんまんがん)といいます。

この破闇満願させる力が、阿弥陀如来の本願力であり、「他力」「他力本願」「本願他力」というのです

親鸞聖人は、主著『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』の冒頭に

難思の弘誓(なんしのぐぜい)は難度の海(なんどのうみ)を度(ど)する大船
無碍の光明(むげのこうみょう)は無明の闇(むみょうのやみ)を破(は)する慧日(えにち)なり

と書かれ、無明の闇がなくなった本当の幸せとは、どんな幸せか、詳しく教えられています。

『難思の弘誓は難度の海を度する大船』の意味を解説した冊子のデータ(PDF)を、無料メール講座に登録された方にプレゼントしています。

無料メール講座のご案内

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事