menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁3

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:親鸞聖人のご生涯 タグ:
 
西念寺

関東稲田の拠点・西念寺

親鸞聖人への嫉妬に狂った弁円は、殺害を企てます。ところが、ご布教に赴かれる親鸞聖人を待ち伏せるも、全て失敗。
弟子たちが数十人、親鸞聖人の元に参じたと知るや、ついに弁円の怒りが爆発、剣をかざして親鸞聖人の住居・稲田の草庵へ、白昼堂々、乗り込んだのです。
「やい、親鸞いるか!肉食妻帯の堕落坊主!み仏に代わってこの播磨公(はりまのきみ)弁円が、成敗してくれるわ!門を開けろ!」
門前で叫ぶや弁円は、閉ざされた門戸を蹴破って突入しました。剣を振り回し、庭の草木をなぎ倒し、殺気みなぎる弁円に、お弟子たちは何とか親鸞聖人をお守りしようと案ずるばかり。

親鸞聖人はしかし、
「せっかく親鸞に会いたいと参られておるのじゃ。会わせてもらおう」
と、数珠一連持たれただけで、ただお一人弁円の前に出ていかれました。
そのお姿は、弁円の目にどう映ったでしょう。
「『よく参られた』と手を伸ばさんばかりの笑顔は、仏か、菩薩か……。不倶戴天(ふぐたいてん)の怨敵(おんてき)と、呪い続けた、これが親鸞か……」
慈悲温光のお姿に、なぜか弁円は動くことができない。ひるむ心を自らたたいて
「だまされぬぞ」
と己を鼓舞したが、天に突き上げた剣をどうしても振り下ろすことができなかった。
「ああーっ!」
叫び声を上げると、やがて弁円はくずおれ、大地に平伏して子供のように泣きだした。
「お許しくだされ、親鸞殿!稲田の繁栄を妬み、己の衰退をただ御身のせいだと憎み、お命を狙っていたこの弁円。恐ろしい、思えば恐ろしい。羅刹(らせつ)であった。どうかどうか、今までの大罪、お許しくだされーっ!」

そんな弁円の肩に、聖人は優しく手を置かれ、
「私が弁円殿の立場であったら、同じことをしたでしょう。まこと言えば親鸞、憎い殺したい心は山ほどあるが、それを隠すに迷惑しております。心のままにふるまわれる弁円殿は正直者」
驚き、心打たれた弁円が、
「お弟子の一人にぜひとも」
と願うと、聖人のお答えは、またしても意外でした。
「いやいや弁円殿。親鸞には一人の弟子もあり申さぬ。ともに御同朋(おんどうぼう)・御同行(おんどうぎょう)じゃ」

「同朋・同行」に「御」の字をつけて「御同朋・御同行」と言われています。同朋とは、「はらから」ともいわれ、兄弟のことです。同行とは、友達のことです。阿弥陀仏によって導かれ、救われた兄弟、法友だから、「御同朋・御同行」と仰っています。弥陀の救いに値い、本当の幸せになるのは、多生億劫にもない稀有なこと。阿弥陀仏とのご縁を、親鸞聖人がいかに尊ばれたかが知らされます。

その御心を、有名な『歎異抄』には、こう言われています。

親鸞は弟子一人ももたず候。そのゆえは、わが計らいにて人に念仏を申させ候わばこそ、弟子にても候わめ、ひとえに弥陀の御もよおしにあずかりて念仏申し候人を、『わが弟子』と申すこと、極めたる荒涼のことなり。

(意訳)
親鸞には、弟子など一人もいない。そうではないか、私の裁量で仏法を聞くようになり、念仏称えるようになったのなら、わが弟子ともいえよう。だが、全く阿弥陀仏のお力によって仏法を聞き念仏する人を「わが弟子」と言うのは極めて傲慢不遜である。

弥陀に救われた人は、同じ弥陀の浄土へ向かって、ともに進む友なのだと『教行信証』には、こう教えられています。

同一に念仏して別の道無きが故に、遠く通ずるにそれ四海の内、皆兄弟と為すなり。

蓮如上人もこのように教えられています。

信を獲つれば、先に生まるる者は兄、後に生まるる者は弟よ、法敬(ほうきょう・お弟子の名前)とは兄弟よ。 (御一代記聞書)

親鸞聖人は、命を狙いにきた弁円に対して、「御同朋・御同行」、兄弟であり、法友なのだと呼びかけておられるのです。

続き

(19)親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁4

 

 

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事