menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

お釈迦様物語 お釈迦様と自殺志願の娘

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:お釈迦様物語 タグ:
 

お釈迦様と自殺志願の娘

足が棒になって動かない。身重の体は、疲れで鈍く火照っている。
朝から当てもなくさまよって、この大きな橋にたどり着いた。日はもう中天にある。陽光にきらめく川面をぼんやり眺めながら、女はここ数日の出来事を思い出している。“もう、何もかもがイヤになったわ”。小さく一人ごちた。
その瞬間、つかえが外れたように膝を折って、彼女は辺りをはばかりながら、たもとへ石を入れはじめる。自殺の準備だった。

ややあって、背後から呼びかける声があった。
「……もし、そなた」
熱中していた彼女は、ハッと我に返り、顔を上げた。振り向くと、少し離れた所に、一目でそうと分かる尊い方のお姿がある。
涼やかな、慈愛あふれるまなざしが、すべてを了解したように向けられていた。たもとを隠し、恥じらいながら、彼女は立ち上がった。
名乗られたお名前には聞き覚えがある。最高のさとりを開いたお釈迦様が、各地で説法なされていると、世事に疎い彼女も聞いたことがあった。
“この方が……?あのお釈迦様……”
わずかな光が心に兆す。慈悲深い尊容に安心感を覚えた彼女は、思わず知らず語りはじめた。
「お恥ずかしいことですが……、ある人を愛しましたが、今は捨てられてしまいました。世間の目はいよいよ冷たく、お腹の子の将来など考えますと、死んだほうがどんなにましだろうかと、ただ苦しむばかりです。どうかこのまま死なせてください……」
あとは言葉にならず、その場にしゃがみ込んだ。直後に響いたのは、威厳に満ちた仏陀の声だった。
「愚かなそなたには、例えをもって教えよう」
雷鳴に驚いた幼子のように、彼女は身を硬くして聞き入った。
「ある所に、毎日、重荷を積んだ車を、朝から晩まで引かねばならぬ牛がいたのだ。
つくづくその牛は思った。
“なぜオレは毎日、こんなに苦しまねばならぬのか、自分を苦しめているものは一体何なのか”と」
腹に手を当て、男を思い出す。責める心が胸の中で暴れていた。秘めた怒りや憎しみが膨れ上がり、自分でどうしようもなくなる。例え話は続く。

「“そうだ!この車さえなければオレは苦しまなくてもよいのだ”
牛は車を壊すことを決意した。
ある日、猛然と走って、車を大きな石に打ち当て、木っ端微塵に壊してしまったのだ。
ところが飼い主は、“こんな乱暴な牛には、頑丈な車でなければまた壊される”と、やがて鋼鉄製の車を造ってきた。

それは壊した車の何十倍、何百倍の重さであった。その車で重荷を、同じように、毎日、引かせられ、以前の何百倍、何千倍、苦しむようになった牛は、深く後悔したが後の祭りであった」

お釈迦様と自殺志願の娘

一言一言が心に刺さり、“この牛は私だ”と、身震いしながら彼女はお釈迦様を見る。優しいまなざしが向けられていた。
「牛がちょうど、車さえ壊せば苦しまなくてもよいと思ったのと同じように、そなたは肉体さえ壊せば楽になれると思っているのだろう。
そなたには分からないだろうが、死ねばもっと苦しい世界へ飛び込まなければならないのだ。その苦しみは、この世のどんな苦しみよりも恐ろしい苦しみなのだよ」
“あぁ……、何と私は愚か者であったのか。お釈迦様にお会いしなければ、自ら苦しみの世界へ飛び込んでいたに違いない。危ないところであった”

すべてを受け入れると、転嫁の苦しみが引いた。わが身の一大事を知った彼女は直ちに仏門に入り、救われたという。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事