menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

お釈迦様が教えられる三通りの人
 岩のような人 砂のような人 水のような人

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:お釈迦様物語 タグ:
 

人類最尊の偉人と仰がれるお釈迦様。80年のご生涯には、数々の心に響くエピソードが残されています。時空を超えた真実のお言葉は、今もなお、人々の心を、とらえて離しません。

一瞬の怒りが人生をフイにすることがあります。
以前、広島県で50代の男性が、傘で突き刺されて死亡。刺したのは働き盛りの30代の会社員でした。自宅から車で出発した直後、対向車の男性と口論になり、持っていた傘で、顔を突き刺したのです。
「擦れ違う際に、罵声を浴び、カッとなった」と、供述しています。

修養も学問も、一瞬にして焼き払うのが怒りの炎。
わき上がる激情は、年を重ね、教養を積んでも、抑え切れるものではありません。
作家の野坂昭如氏が、パーティー会場で大島渚氏(映画監督)を殴りつけ、ワイドショーをにぎわしたことがあります。祝辞を割愛され、憤慨した野坂氏に、大島監督も自分のスリッパでたたき返し、反撃しました。地位も分別もあるはずの大人が、大衆の面前でさらした醜態に、世人は驚き、あきれました。

喧嘩

怒りは無謀に始まり、後悔に終わる。自分を憎み、ののしる人にも、心静かに忍ぶことができたら、人生はどれだけ過ごしやすくなるでしょう。

お釈迦様にこのような話があります。

ある時、邪教徒の若い男がお釈迦様の所に来て、散々、悪口雑言ののしりました。
黙って聞いておられたお釈迦様は、彼が言い終わると、静かに尋ねられました。
「おまえは、祝日に、肉親や親類の人たちを、招待し、歓待することがあるか」
「そりゃ、あるさ」
「親族がその時、おまえの出した食べ物を食べなかったらどうするか」
「食わなければ、残るだけさ」
「私の前で悪口雑言ののしっても、私がそれを受け取らなければ、その罵詈雑言は、だれのものになるのか」
「いや、いくら受け取らなくとも、与えた以上は与えたのだ」
「いや、そういうのは与えたとはいえない」
「それなら、どういうのを受け取ったといい、どういうのを受け取らないというのか」
「ののしられた時、ののしり返し、怒りには怒りで報い、打てば打ち返す。闘いを挑めば闘い返す。それらは与えたものを受け取ったというのだ。しかし、その反対に、何とも思わないものは、与えたといっても受け取ったのではないのだ」
「それじゃあなたは、いくらののしられても、腹は立たないのか」
 お釈迦様は、厳かに、偈(げ)で答えられました。
「智恵ある者に怒りなし。よし吹く風荒くとも、心の中に波たたず。怒りに怒りをもって報いるは、げに愚かもののしわざなり」
「私は、馬鹿者でありました。どうぞ、お許しください」
 外道の若者は、落涙平伏し帰順したといいます。

また、お釈迦様は、怒りの心について、三通りの人があると教えられています。
岩のような人
砂のような人
水のような人

岩と砂と水

岩のような人
岩に文字を書くと、ずっと残りますように、あいつのせいでこんなことになったと怒りに燃え、恨み続け、この恨み必ず晴らしてやると復讐を企み、心が安らぐことがない人です。

砂のような人
砂に文字を書くと、岩に比べれば残らず、砂浜に書いた文字は波が押し寄せると跡形もなく消えてしまうように、一時、怒りの心を起こし、苦しみますが、しばらくすると、穏やかな心になる人です。

水のような人
水に文字を書いても残らないように、どんな人からどんなことを言われようとも、想定外のことが起きようとも、怒りの心を起こすことなく、平然とした心持ちでいられる人です。

お釈迦様は、
岩のような人には、砂のような人になる方法
砂のような人には、水のような人になる方法を教え、
本当の幸せになる道を明らかにされています。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事