menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

浄土真宗で大事なお経は何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ:
 

(質問):浄土真宗で大事なお経は何ですか?

(解答)

「浄土真宗で大事なお経」と言われると、
帰命無量寿如来(きみょうむりょうじゅにょらい)」で始まる正信偈(しょうしんげ)を思い浮かべる方もあると思います。
正信偈も漢字ばかりで書かれているからです。

実は、正信偈はお経ではないのです。
お経とは、お釈迦さまの教えを書かれたものだけを言います。
正信偈は親鸞聖人の書かれたものですから、お経ではありません。

正信偈について、お知りになりたい方は、こちらで説明しています。

→ 『正信偈(しょうしんげ)』には何が書かれていますか?

 

 

一口にお経といいましても、全部で7000巻余りあります。

(関連:お釈迦さまの説かれた「お経」「経典」「仏典」とは

その中で、特に大事なお経が3つあると、親鸞聖人は教えられています。

大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)』
観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』
阿弥陀経(あみだきょう)』

の3つです。
これを浄土三部経(じょうどさんぶきょう)といいます。
浄土三部経には、阿弥陀仏(あみだぶつ)のことが集中的に説かれています。

(関連:お釈迦さまと阿弥陀仏は、同じ仏さまですか?

中でも親鸞聖人は、

それ真実の教を顕さば、すなわち『大無量寿経』これなり。(教行信証)

真実の教とは、真実の経ということで、真実の経とは、お釈迦さまの本心が説かれている経典という意味です。

7000巻余りのお経の中で、お釈迦さまの本心が説かれているのは、『大無量寿経』ただひとつであると、親鸞聖人は、断言されています。

 

(質問):『大無量寿経』はどんなお経ですか?

(解答)

大無量寿経』は、略して「大経(だいきょう)」ともいわれます。
『大無量寿経』は、上下二巻あります。
『大無量寿経』には、阿弥陀仏の本願が説かれています。

お釈迦さまは、私がこの世に生まれてきた目的は、阿弥陀仏の本願を説いて、人々を、本当の幸せに導く為なのだ、阿弥陀仏の本願の説かれている『大無量寿経』は、未来永遠に残り、多くの人を幸せにするであろう、

とおっしゃっています。

このようなことが書かれているお経は、他にはありません。

(根拠)

如来、無蓋の大悲を以て三界の矜哀す、世に出興する所以は道教を光闡し、
群萌を拯い恵むに真実の利を以てせんと欲してなり。
(大無量寿経上巻)

当来の世に経道滅尽せんに、我慈悲を以て哀愍し、
特にこの経を留めて止住すること百歳せん。
(大無量寿経下巻)

(質問):『観無量寿経』はどんなお経ですか?

(解答)

観無量寿経』は、略して「観経(かんぎょう)」ともいわれます。
王舎城(おうしゃじょう)の悲劇」で有名な、韋提希(いだいけ)夫人へのご説法が記されています。

お釈迦さまの時代、マガダ国の王・ビンバシャラ王の妃であった韋提希夫人は、わが子、阿闍世(あじゃせ)によって、七重の牢に閉じ込められます。

この時、お釈迦さまは、「このたびは特に大事な話をしよう」とおっしゃって、大衆を前に、『法華経(ほっけきょう)』の説法をしておられました。
しかし、牢獄で苦しむ韋提希夫人の救いを求める声に、『法華経』の説法を中断して、韋提希夫人に、阿弥陀仏の本願を説かれたのでした。

お釈迦さまのご説法を聞いた韋提希夫人は、
苦しみから解放され、暗い人生が明るい人生にガラリと変わりました。

(質問):『阿弥陀経』はどんなお経ですか?

(解答)
『大無量寿経』を「大経(だいきょう)」というのに対して、『阿弥陀経』を「小経(しょうきょう)」ともいわれます。

『阿弥陀経』には、阿弥陀仏と極楽浄土の様子が詳しく説かれています。
浄土真宗の方でしたら、一度は、聞かれた方もあるかと思います。

お経は、誰かの質問に答えられる形で説かれていますが、『阿弥陀経』だけは「無問自説の経(むもんじせつのきょう)」といわれ、お釈迦さまの問わず語りの説法なのです。

『阿弥陀経』について、詳しくお知りになりたい方は、こちらへ(上級編です)

→ 仏説阿弥陀経とは

 

浄土三部経に説かれていることを、親鸞聖人は『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』に明らかにされています。

→ 親鸞聖人の主著、国宝『教行信証』

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事