menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

浄土真宗が一向宗と呼ばれるようになった理由|一向一揆の一向宗とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:なるほど親鸞聖人 タグ:
 

一向専念無量寿仏

(質問):浄土真宗を一向宗となぜ呼ばれるようになったのですか

(解答)

親鸞聖人の教えを「浄土真宗」と言いますが、「一向宗」とも呼ばれます。
なぜ浄土真宗を一向宗と呼ばれるようになったのでしょうか。

親鸞聖人の教えを伝えられた蓮如上人は、こう教えられています。

あながちに我が流を一向宗となのることは別して祖師も定められず
おおよそ阿弥陀仏を一向にたのむによりて、皆人の申しなす故なり
しかりと雖も、経文 に「一向専念無量寿仏」と説きたまう故に、
一向に無量寿仏を念ぜよといえる意なるときは、一向宗と申したるも子細なし

(意訳)
親鸞聖人は「浄土真宗」と仰っている。「一向宗」とは、親鸞聖人の言われたことではないのだが、余りに親鸞聖人が阿弥陀仏一仏に向けと教えられたので、世間の人は「あれは一向宗だ」と言うのだろう
だが、「一向専念無量寿仏」は釈迦の教えの結論だから、それを強調された親鸞聖人の教えを「一向宗」と言ってもいいのではないか。

 

「一向専念無量寿仏」とは

「一向宗」の「一向」は「一向専念無量寿仏(いっこうせんねんむりょうじゅぶつ)」の「一向」だと言われています。

一向専念無量寿仏」とは「無量寿仏に一向専念せよ」と読みます。
意味は「阿弥陀仏一仏に助けてもらいなさい」ということです。
これは仏教の結論であると、親鸞聖人、教えられています。

阿弥陀仏とは、どんな仏さまか、
お釈迦さまとどう違うのかは、こちらをお読み下さい。

→ お釈迦さまと阿弥陀仏は、同じ仏さまですか?

 

どんなに物やお金に恵まれても、心から満足できない原因は、無明の闇(むみょうのやみ)といわれる暗い心であり、すべての苦しみの根元である無明の闇が破れると、どんな人も本当の幸せになれると仏教で教えられています。

この暗い心を明るい心にする力は、阿弥陀仏しかないから、
一向専念無量寿仏(阿弥陀仏一仏に助けてもらいなさい)」と
お釈迦さまは仏教の結論として教えられました。

親鸞聖人は、釈迦の教えの結論である「一向専念無量寿仏」を強調して教えられたので、後の世の人たちは親鸞聖人の教えを「一向宗」と呼ぶようになったと蓮如上人は、教えられているのです。

 

親鸞聖人は、主著『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』の冒頭に

『難思の弘誓(なんしのぐぜい)は難度の海(なんどのうみ)を度する大船
無碍の光明(むげのこうみょう)は無明の闇(むみょうのやみ)を破する慧日(えにち)なり』

と教えられています。

これは、どういうことでしょうか。

→ 親鸞聖人の主著、国宝『教行信証』に何が書かれているのか

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事