menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人を絶句させた謎の美女の一言

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:親鸞聖人のご生涯 タグ:
 
親鸞聖人を絶句させた謎の美女の一言

比叡山山道

両親の無常に驚き、9歳で出家された親鸞聖人は、26歳になっても、後生暗い心の解決はつきませんでした。
「私は、道を間違えているのでは」と、師匠の慈鎮和尚(じちんかしょう)に苦悩を明かすと「仏道を求めることは、大宇宙を持ち上げるより重いのだ」と大喝されます。
聖人は「どれだけかかろうとも、解決つくまで求め抜きます」と、さらなる修行を決意されました。

女性に呼び止められた親鸞聖人

京都の慈鎮和尚を訪ねた帰り道、親鸞聖人が比叡山の麓の赤山明神の前を通りかかられると、どこからともなく美しい声に呼び止められました。振り返ると、そこには妙齢な女性の姿。そして、
「親鸞さま。私には、深い悩みがございます。どうか山にお連れください」
と言う。驚いた親鸞聖人は、
「それは無理です。このお山は、伝教大師が開かれてより、女人禁制の山。お連れすることはできません」。
だが、女性は鋭く迫った。
「親鸞さま。伝教大師ほどの方が、涅槃経を読まれたことがなかったのでしょうか。涅槃経には、『山川草木悉有仏性(さんせんそうもくしつうぶっしょう)』と説かれていると聞いております。すべてのものに仏性が有ると、お釈迦様は、仰っているではありませんか。なのに、なぜこのお山の仏教は、女性を差別するのでしょうか」
七千余巻もあるお経の中で、『涅槃経』の言葉を知っているとは、この女性は一体何者か、どれほど経典を読んでいるのか、と聖人は驚かれたことでしょう。

*伝教……天台宗を開いた最澄のこと
*涅槃経……お釈迦様の説かれたお経

なぜ女を見捨てるのでしょうか

二の句が継げぬ親鸞聖人に、女性はさらに畳みかける。
「親鸞さま。女が汚れているから、と言われるのなら、汚れている、罪の重い者ほど、余計哀れみたもうのが、仏さまの慈悲と聞いております。なぜ、このお山の仏教は、女を見捨てられるのでしょうか」
人間でも、苦しむ者を放ってはおけない、助けてやりたいとの慈悲を起こします。できのよい子より、不器用な子ほど親の心はかかるもの。ましてや仏の慈悲は苦ある者にひとえに重し。仏さまならなおさら、罪重く、苦しみの深い者ほど、何とかして助けてやりたい、

衆生苦悩 我苦悩 (しゅじょうくのう がくのう)
衆生安楽 我安楽 (しゅじょうあんらく があんらく)

(人々の苦しみは私の苦しみである。人々の平安・楽しみは私の安楽だ)
と慈悲を重くかけられるのです。
女の罪が重いのなら、そんな女ほど、より哀れみ救わんとなされるのが、仏さまのまことの慈悲ではないかと、女性は言うのです。
立て続けに発せられる理の通った言葉に、親鸞聖人は立ち尽くすばかり。とどめを刺すように女性は、言い放ちます。
「親鸞さま。このお山には、鳥や獣のメスは、いないのでしょうか。汚れたメスが入ると山が汚れると言われるならば、すでに鳥や獣のメスで、この山は汚れています。鳥や獣のメスがいる山へ、なぜ人間のメスだけが、入ってはならないのでしょうか」

仏教では、人も動物も、鳥や虫ケラに至るまで、全ての命は平等であり、仏の慈悲は、すべての衆生に注がれていると教えられます。
それなのに、なぜ女性だけは山へ入って仏道を求められないのか。女は山を汚すというのが理由なら、すでに鳥や獣のメスに汚されている。なぜ人間の女だけ入山を禁ずるのか。
女を見捨てる比叡山の教えは、仏の慈悲の教えといえましょうか。鋭い指摘に、叡山の麒麟児(きりんじ)と称された親鸞聖人は絶句させられたのです。

親鸞聖人を絶句させた謎の美女の一言

真実の仏教を懇願する女性

女性はこう告げて去りました。
「お願いでございます、親鸞さま。どうか、いつの日か、すべての人の救われる真実の仏教を、明らかにしてくださいませ。お願いでございます」
万人を救済できぬ教えは、本当の仏教ではない。きっぱりと言う謎の女性の言葉に親鸞聖人は、衝撃を受けられました。
出家してより17年、厳しい修行を重ねるも、後生暗い心の解決がつかず、道を間違えているのではと苦悩された聖人の心を、激しく揺さぶる出会いでありました。

続き

(4)恋に煩悶される親鸞聖人

 

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事