menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

恩徳讃の意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ:
 

恩徳讃

(質問):浄土真宗の盛んな地域、また、浄土真宗の学校では、よく恩徳讃(おんどくさん)を耳にしますが、どんな意味でしょうか。

(解答)
恩徳讃とは、親鸞聖人が『正像末和讃(しょうぞうまつわさん)』に書かれているお言葉で、節をつけて歌われ、昔から浄土真宗の盛んな地域では親しまれています。

 

如来大悲の恩徳(にょらいだいひのおんどく)は、
身を粉にしても報ずべし(ほうずべし)
師主知識の恩徳(ししゅちしきのおんどく)も、
骨を砕きても謝すべし(しゃすべし)

恩徳讃の恩徳とは、恩も徳も同じ意味で、ご恩のことです。恩のことを歌の形で教えられたのが、恩徳讃です。
私たちは、多くの方のおかげで、生きていくことができます。誰に恩を受けていますかと聞かれたら、まずは親、そして、友達、学校の先生など、出てくると思います。
仏教では、人間の価値(どんな人が立派な人間か)は、「知恩・感恩・報恩」の気持ちで決まると教えられています。

・知恩(ちおん)  受けている恩を知る
・感恩(かんおん) 恩に感謝する
・報恩(ほうおん) 恩に報いようとする

その反対が「忘恩・背恩・逆恩」です。

・忘恩(ぼうおん) 受けている恩を流し、忘れる
・背恩(はいおん) 恩に背く
・逆恩(ぎゃくおん)恩を怨で返す

「知恩・感恩・報恩」の気持ちの強い人と「忘恩・背恩・逆恩」の人と、どちらが信用できるでしょうか。
お釈迦さまは、決して、恩知らずの人間になってはならない、恩を知らざる者は犬や猫、動物以下であると厳しく教えられています。

私たちは、いろいろな人から恩を受けて生きていますが、恩徳讃では、どなたからの恩について教えられているのかというと、如来大悲(にょらいだいひ)と師主知識(ししゅちしき)のご恩です。

如来大悲とは、如来とは阿弥陀如来、大悲とは大慈悲ですから、阿弥陀如来の大慈悲のことです。
(関連:お釈迦さまと阿弥陀如来は、同じ仏さまですか?
阿弥陀如来の大慈悲を教えられたお釈迦さまの教えを聞いて、本当の幸せになった人は、如来大悲に、深くご恩を感じるようになります。それが「身を粉にしても報ずべし」です。
身を粉にしたら死んでしまいます。それほど深く如来大悲の恩徳を知らされ、知恩、感恩、報恩の幸せな人生を歩むようになります。

師主知識とは、師主も知識も同じ意味で、仏教の先生のことを言います。どれだけ素晴らしいものがあったとしても、それを伝えてくれる人がいなければ、知ることはできません。
素晴らしいものを知ることができれば、それを伝えてくれた人に感謝の心が起きてきます。如来大悲を伝えて下された仏教の先生のご恩も深く知らされ、「骨を砕きても謝すべし」と言われています。これも、骨を砕いたら死んでしまいます。それほど師主知識の恩徳が知らされるのです。

親鸞聖人の教えを聞かれると、どうしてそれほどの心になれるのか、わかりますので、聞いて頂きたいと思います。

浄土真宗では、本当の幸せになった人はその喜びから、まだなっていない人は、早くそのような心になれるようにと思い、昔から恩徳讃が歌われているのです。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事