menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

蓮如上人の「白骨の章」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:仏事 タグ:
 

(質問):浄土真宗の葬式で読まれる「白骨の章」には、どんなことが書かれているのでしょうか。

(解答)
白骨の章」は蓮如上人が書かれたものです。蓮如上人は、親鸞聖人の教えを正確に多くの人に伝えられた方で、その点で蓮如上人以上の方は、今日までありません。
「白骨の章」とは、名前にあるように、生まれた者は必ず死んでいかねばならない厳粛な現実を名文で書かれているので、浄土真宗の葬式の際に、よく読まれています。

白骨

それ人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、凡そはかなきことは、この世の始中終、幻の如くなる一期なり。されば、いまだ万歳の人身を受けたりということを聞かず。一生過ぎやすし。今に至りて、誰か百年の形体をたもつべきや。我や先、人や先、今日とも知らず、明日とも知らず、おくれ先だつ人は、本の雫、末の露よりもしげしと言えり。
されば、朝には紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり。すでに無常の風来たりぬれば、すなわち二つの眼たちまちに閉じ、一つの息ながく絶えぬれば、紅顔むなしく変じて、桃李の装いを失いぬる時は、六親眷属集まりて、嘆き悲しめどもさらにその甲斐あるべからず。
さてしもあるべきことならねばとて、野外に送りて、夜半の煙となしはてぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。あわれというも中々おろかなり。
されば、人間のはかなきことは、老少不定のさかいなれば、誰の人も早く後生の一大事を心にかけて、阿弥陀仏を深くたのみまいらせて、念仏申すべきものなり。

◯「人間の浮生(ふしょう)なる相(すがた)をつらつら観ずるに」

浮生とは、浮いた生ということで、浮き草のように根っこがなく、本当にたよりになるものはないということです。
蓮如上人は、別の『御文章』にこう書かれています。

まことに死せんときは、かねてたのみおきつる妻子も財宝も我が身には一つも相添う(あいそう)ことあるべからず。されば、死出の山路のすえ、三塗の大河をば、唯一人こそ行きなんずれ。

(意訳)
いよいよ死んでいく時は、今までたよりにしていた妻子や財宝も、すべて離れていってしまう、何一つもっていくことはできない。そして、ただ独りぼっちで死んでいかねばならないのですよ。

死んでいく時には何もたよりになりませんが、何かをたよりにしなければ生きていくことのできない人間の姿を「人間の浮生なる相」と言われています。

◯「おおよそはかなきものは、この世の始中終(しっちゅうじゅう)、幻のごとくなる一期(いちご)なり」

この世の始中終とは、生まれてから死ぬまでということで、一休さんは「世の中の 娘が嫁と花咲いて 嬶(かかあ)としぼんで 婆と散りゆく」と歌っています。50年、100年といっても、過ぎてしまえば、あっという間ですよ、はかない、幻のようなものですよと言われています。

◯「されば、いまだ万歳(まんざい)の人身(じんしん)を受けたりということを聞かず。一生過ぎやすし。」

今までに1万歳、2万歳生きたという人を聞いたことがない。過ぎてしまえば、一生といっても、あっという間です。

◯「我や先、人や先」

私たちは、人が死んでから自分が死ぬと思っています。

鳥辺山 昨日の煙 今日もたつ 眺めて通る 人もいつまで

鳥辺山とは、昔、死体を燃やすところでした。今でいうと火葬場です。その鳥辺山のふもとを通っている人が、昨日も煙が出ていたが、今日も煙が出ているな、今日も人の死ぬ日だなと思いました。しかし、いつまでも眺めることはできない、やがて自分が眺められる時が近づいています。
私たちなら、葬式と聞くと、人の葬式に参列することを考えますが、いつまでも人の葬式に参列するのではない、自分の葬式がなされる、そんな日が迫っているということです。

私たちは、自分だけは永遠に生きているように思ったり、人が死んでから自分が死ぬと思っています。「人や先、人や先」と思っていますが、蓮如上人は、そうではない、「我や先、人や先私が死んで、人が死ぬんだ、と教えられています。

◯「今日とも知らず、明日とも知らず」

生まれた者は必ず死ぬとは知ってはいますが、自分だけは、まだまだ死なないと思っています。交通事故で亡くなった人は、今日、自分は死ぬと思っていたでしょうか。今日死ぬと思っていなかった人が、今日、亡くなっているのです。
死はいつ襲ってくるか、わからない、今日かもしれない明日かもしれないと言われています。

◯「おくれ先だつ人は、本の雫(もとのしずく)、末の露(すえのつゆ)よりもしげしと言えり。」

本の雫、末の露とは、雨露のことです。雨が降ると、たくさんの雫があります。そのように、たくさんの人が毎日、亡くなっています。
お経に出ている話です。

ある人が、お釈迦さまに「お釈迦さまは、仏のさとりをひらかれた方ですから、私たちのように苦しみ悲しみは一切ないんでしょうね」と尋ねました。
お釈迦さまは「確かに、お前たちのような苦しみはないが、ただ一つだけ苦しみがある」と言われます。
「仏のさとりをひらかれたのに、苦しみはあるのですか」と更に尋ねると「私の心の眼には、毎日、多くの人が雨が降るように亡くなっている。それが心の眼にうつるのだ。それを思うと苦しいのだ」とお釈迦さまは仰いました。

◯「されば、朝(あした)には紅顔(こうがん)ありて、夕(ゆうべ)には白骨となれる身なり。」

紅顔とは元気な顔ということです。朝、元気な顔で、行ってきますと出発した人が、その日には、見る影もない姿になってしまうことがあります。

◯「すでに無常の風来たりぬれば、すなわち二つの眼(まなこ)たちまちに閉じ、一つの息ながく絶えぬれば、紅顔むなしく変じて、桃李(とうり)の装いを失いぬる時は」

無常の風とは、のことを言います。二つの目を閉じ、最後の一息で死んでいきます。紅顔も桃李の装いも元気な顔のことで、死に顔に変わってしまいます。

◯「六親眷属(ろくしんけんぞく)集まりて、嘆き悲しめどもさらにその甲斐あるべからず。」

六親とは、夫婦、兄弟、親子で、肉親のことです。眷属とは、親戚のことです。どれだけもう一度目を開けてくれと声をかけ、嘆き悲しんでも、どうにもなりません。

◯「さてしもあるべきことならねばとて、野外に送りて、夜半の煙となしはてぬれば、ただ白骨のみぞ残れり。あわれというも中々おろかなり。」

そのままにしておくことはできないので、葬式の手配をしなければなりません。葬式が終われば、火葬場で燃やし、お骨拾いで、骨壺に入れます。どんな人も最後は白骨になってしまう。あわれなことではないかと言われています。

◯「されば、人間のはかなきことは、老少不定(ろうしょうふじょう)のさかいなれば」

老少不定とは、年寄りが先に死んで、若い人が後から死ぬとは、決まっていないということです。無常の嵐の前では、皆、同じ年だといわれます。

◯「誰の人も早く後生の一大事(ごしょうのいちだいじ)を心にかけて」

老少不定だから、誰の人も言われています。私は関係ないという人はありません
「今日とも知らず明日とも知らず」だから、早くと言われています。
後生の一大事とは、生死の一大事(しょうじのいちだいじ)ともいわれ、生まれた者は必ず死んでいかねばならない一大事のことです。心にかけてとは、それを忘れてはいけませんよと言われています。

◯「阿弥陀仏を深くたのみまいらせて、念仏申すべきものなり。」

お釈迦さまは、阿弥陀仏の力で、後生の一大事の解決をして、人間に生まれてきてよかった、悔いのない人生だったと、本当の幸せになることができると教えられました。
お釈迦さまの教えを聞かせて頂き、本当の幸せになり、感謝の念仏を称える身になりなさいよと蓮如上人は、教えられているのです。

 

阿弥陀仏とは

→ お釈迦さまと阿弥陀如来は、同じ仏さまですか?

お釈迦さまは「三人の妻」という譬え話で、白骨の章の内容を明らかにされています。

→ お釈迦様物語 三人の妻の例え話

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事