menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人のご生涯

浄土真宗の祖師・<strong>親鸞聖人</strong>は小説やテレビにも取り上げられ、
今日もなお多くの方からの尊敬を集めていますね。

両親との死別、肉食妻帯、権力者の弾圧、越後へ流刑、長子の勘当……。

<strong>親鸞聖人90年のご一生は、「たくましき親鸞」と多くの人を魅了しています</strong>。

親鸞聖人の目覚ましいご活躍の源はなんであったのか。
波乱万丈のご一代をたどります。

弟子一人も持たずの御心
親鸞聖人最期のお言葉「御臨末の御書」

「我が歳きわまりて」とは、親鸞いよいよこの世の命尽きたということです。 死んだらどうなるのか。 多くの人が、死んでみないとわからないという中、 親鸞聖人は、一息切れれば「安養浄土に還帰す」と仰っていま…続きを読む

弟子一人も持たずの御心
親鸞聖人・弟子一人も持たずの御心

京都にまします親鸞聖人を慕って、関東からやってきた信楽房(しんぎょうぼう)というお弟子がありました。親鸞聖人からかわいがられ、直筆の御本尊やお聖教まで賜っていましたが、ある時、親鸞聖人の仰せに反発し、…続きを読む

「私が死んだら、賀茂川へ捨てて魚に与えよ」の真意
親鸞聖人「私が死んだら、賀茂川へ捨てて魚に与えよ」の真意

「私が死んだら、賀茂川へ捨てて魚に与えよ」と聞いたら、驚く人が多いのではないでしょうか。実は、親鸞聖人は、常に仰っていたお言葉として、親鸞聖人の曽孫の覚如上人の『改邪鈔(がいじゃしょう)』に記されてい…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現6

(意訳) この上は、日蓮に従って念仏捨てようと、親鸞に同心して、念仏を信じたてまつろうとも、おのおの方の、勝手になさるがよかろう! 親鸞聖人お一人を心底慕い、信じ切ってやってきた関東の人たちだと、重々…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現5

(意訳) この親鸞、たとい法然上人にだまされて地獄に堕ちてもさらに、後悔はないのだ。 私たちは、信頼できる方、だまさないと思う人を先生・師匠と仰ぎます。世の中にはいろいろな道の先生、例えば剣道・柔道な…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現4

命懸けにやってきた関東の人たちを前に、この阿弥陀仏の本願への疑心を手に取るように察知なされた親鸞聖人は厳しく仰います。 (意訳) もし親鸞が、阿弥陀仏の本願のほかに、往生の方法や秘密の法文などを知って…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現3

命懸けの聞法の旅 親鸞聖人のお弟子の代表、性信房(しょうしんぼう)は、「京へ行って、じかにお師匠さまにお聞きしよう」と訴え、一同は京行きを決意しました。 とはいえ、新幹線も電話もメールもない当時、京へ…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現2

善鸞の「秘密の法文」 善鸞の始めた邪義「秘密の法文」とはどんなものでしょうか。今日「土蔵秘事(どぞうひじ)」「カギ法門」「不言講(いわずこう)」などといわれ、全国に広がっています。親鸞聖人・覚如上人・…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現6つ
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現1

鎌倉幕府の弾圧 親鸞聖人の関東ご布教で仏縁を結んだ人々は、親鸞聖人が京都へ帰られた後も真摯に仏法を聞き求めていました。その親鸞学徒の力強さと法輪の広がりを危険視した鎌倉幕府は、やがて念仏停止の命を下し…続きを読む

見返り橋
親鸞聖人還暦過ぎ 関東の人々との別れ

およそ20年間、関東布教に力を尽くされた親鸞聖人が、止むに止まれぬ事情で、突然帰京を決意なされたのは、還暦過ぎのことでした。 交通も通信も未発達の当時、関東から十余カ国を隔てた京へ帰られることは、生涯…続きを読む

42歳・59歳の時にあった果てしなき悩み
親鸞聖人42歳・59歳の時にあった果てしなき悩み

親鸞聖人59歳頃、原因不明の高熱で三日三晩、ご家族も寄せつけられず、飲食も取られず寝込まれたことがありました。 ところが4日目、親鸞聖人は突然目を見開き、驚いたような大きな声で叫ばれたのです。 「ああ…続きを読む

親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁
親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁4

幾たびも親鸞聖人をつけ狙い、殺害を企てた弁円を、立場が逆なら私が殺しに行ったであろうと、親鸞聖人は、哀れみ慈しまれました。 「まこと言えば親鸞も、憎い殺したい心は、山ほどあり申すが、それを隠すに親鸞、…続きを読む

西念寺
親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁3

親鸞聖人への嫉妬に狂った弁円は、殺害を企てます。ところが、ご布教に赴かれる親鸞聖人を待ち伏せるも、全て失敗。 弟子たちが数十人、親鸞聖人の元に参じたと知るや、ついに弁円の怒りが爆発、剣をかざして親鸞聖…続きを読む

暗雲
親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁2

弁円は関東一円に名を知らしめる星でした。ところが親鸞聖人が登場されると、昇る太陽に星が光を失うごとく、威光に陰りが出始めたのです。 初め弁円の弟子たちは、 〝親鸞は比叡山の修行がつらくて、逃げ出した男…続きを読む

親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁
親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁1

鎌倉幕府が開かれたものの、天災による飢饉続きで、関東は大地も人心も傷つき荒れていました。不幸や災難に苦しむ人々を、先祖の霊のたたりだ、キツネやタヌキがついているのだと脅す者。天変地異は神の怒りとうそぶ…続きを読む

親鸞聖人の主著『教行信証』 52歳頃完成される
親鸞聖人の主著『教行信証』 52歳頃完成される

親鸞聖人 「お師匠様(法然上人)の書かれた『選択本願念仏集』のみ教えを、少しでも皆さんにお伝えしたいと思うてなあ。どう書き表したらよいか……。この、阿弥陀如来のご本願、この広大無辺な仏恩、どう伝え、ど…続きを読む

親鸞聖人の田植え歌
親鸞聖人の田植え歌

親鸞聖人の田植え歌 澄んだ青空、新緑まばゆい5月、今まさに田植えの時期。人手を頼み共同作業する田植えは、1日先送りしても、収穫に響く。農民にとっては、天候とにらめっこしながらの気を抜けぬ大事でした。 …続きを読む

関東布教 日野左衛門の済度
親鸞聖人関東布教・日野左衛門の済度(4)

親鸞聖人との対面で、日野左衛門は初めて、今生ただ今の救いを説く仏教の真髄を知る。だが猟師の自分を省みて、彼はこう吐露した。 「殺生ばかりしている俺なんか、どうせ縁なき衆生さ」 獣の血で汚れた自分が救わ…続きを読む

関東布教 日野左衛門の済度
親鸞聖人関東布教・日野左衛門の済度(3)

阿弥陀如来の本願 日野左衛門は、親鸞聖人のご説法によって仏教観が一変していくのを実感した。 それまでは「どう生きるか(手段)」ばかり求めてきたが、「なぜ生きるか(目的)」が最も大事であり、自分はそれが…続きを読む

関東布教 日野左衛門の済度
親鸞聖人関東布教・日野左衛門の済度(2)

吹きすさぶ雪の中へ親鸞聖人の一行を追い出した日野左衛門の夢の中に、光に包まれた人が現れ、こう諭しました。 「日野左衛門。今、汝の門前に尊い方が休んでおられる。直ちに参って教えを受けよ。さもなくば、未来…続きを読む