menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

1から分かる親鸞聖人と浄土真宗

ホーム

このサイトに
ついて

サイトマップ

無料プレゼント

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人のご生涯

浄土真宗の祖師・<strong>親鸞聖人</strong>は小説やテレビにも取り上げられ、
今日もなお多くの方からの尊敬を集めていますね。

両親との死別、肉食妻帯、権力者の弾圧、越後へ流刑、長子の勘当……。

<strong>親鸞聖人90年のご一生は、「たくましき親鸞」と多くの人を魅了しています</strong>。

親鸞聖人の目覚ましいご活躍の源はなんであったのか。
波乱万丈のご一代をたどります。

<a href="https://1kara.tulip-k.jp/life/201101217.html" style="font-size: 18pt;">親鸞聖人のご生涯(早わかり年表)</a>へ

42歳・59歳の時にあった果てしなき悩み
親鸞聖人42歳・59歳の時にあった果てしなき悩み

関東で布教を続ける親鸞聖人が、阿弥陀仏へのご恩があまりに大きく返しきれないことに悩まれ、寝込まれたことが2回ありました。 目次 寝込まれる親鸞聖人 自信教人信のお言葉 寝込まれる親鸞聖人 親鸞聖人59…続きを読む

見返り橋
親鸞聖人還暦過ぎ 関東の人々との別れ

およそ20年間、関東布教に力を尽くされた親鸞聖人が、止むに止まれぬ事情で突然帰京を決意なされたのは、還暦過ぎのことでした。 目次 関東の人々との別れ 関東の人々との別れ 40歳頃から60歳頃まで関東で…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現1

60歳を過ぎて20年間関東でご布教された親鸞聖人は生まれ故郷の京都に戻られました。 関東に残された人々は変わらず真摯に仏法を聞き求めていましたが、彼らに暗雲が立ち込め始めます。 目次 鎌倉幕府の弾圧 …続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現2

親鸞聖人が京都にお帰りになった後の関東では、幕府の弾圧に加え、日蓮が「念仏称えたら無間地獄に落ちるぞ」と言い触らしました。 これに動揺した人たちが善鸞の元に行き、不安な胸中を打ち明けると 「実は父から…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現3

日蓮の「念仏無間」の謗法(仏法をそしること)と、善鸞の『秘密の法文』の邪義によって動揺した関東の人たちには、「本当のところを直に親鸞聖人からお聞きしたい」という気持ちが高まって行きました。 そしてある…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現4

命懸けで関東から京都まで馳せ参じた関東の人たちに、親鸞聖人はねぎらいの言葉をかけることなく 「そなた方がはるばる関東から私の元にやってきたのは、往生極楽の道ただ一つだろう」 と直言します。 親鸞聖人は…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現5

(意訳) この親鸞、たとい法然上人にだまされて地獄に堕ちてもさらに、後悔はないのだ。 私たちは、信頼できる方、だまさないと思う人を先生・師匠と仰ぎます。世の中には様々な道の先生がいます。例えば剣道・柔…続きを読む

親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現
親鸞聖人の長子・善鸞の邪義と日蓮の出現6

(意訳) この上は、日蓮に従って念仏捨てようと、親鸞に同心して、念仏を信じたてまつろうとも、おのおの方の、勝手になさるがよかろう! 親鸞聖人お一人を心底慕い、信じ切ってやってきた関東の人たちだと、重々…続きを読む

「私が死んだら、賀茂川へ捨てて魚に与えよ」の真意
親鸞聖人「私が死んだら、賀茂川へ捨てて魚に与えよ」の真意

「私が死んだら、賀茂川へ捨てて魚に与えよ」と聞いたら、驚く人が多いのではないでしょうか。実は、親鸞聖人は、常に仰っていたお言葉として、親鸞聖人の曽孫の覚如上人の『改邪鈔(がいじゃしょう)』に記されてい…続きを読む

弟子一人も持たずの御心
親鸞聖人・弟子一人も持たずの御心

京都にまします親鸞聖人を慕って、関東からやってきた信楽房(しんぎょうぼう)というお弟子がありました。親鸞聖人からかわいがられ、直筆の御本尊やお聖教まで賜っていましたが、ある時、親鸞聖人の仰せに反発し、…続きを読む

弟子一人も持たずの御心
親鸞聖人最期のお言葉「御臨末の御書」

御臨末の御書は、親鸞聖人のご遺言です。 「我が歳きわまりて」とは、親鸞いよいよこの世の命尽きたということです。 死んだらどうなるのか。 多くの人が、死んでみないとわからないという中、 親鸞聖人は、一息…続きを読む