menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

蓮如上人と一休 ありのままに見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ:
 

汝自身を知れ

古代ギリシャの時代から「汝自身を知れ」と、自分自身を見つめることは大切であると言われています。
“自分のことは、自分が一番よく分かっているから見つめる必要はない”と思いがちですが、

「知るとのみ 思いながらに 何よりも 知られぬものは 己なりけり」
(いちばん知っているようで、最も分からないのが自分自身である)

の歌に、思い当たる節が多々あるのではないでしょうか。

なぜ私に「私」が分からないのかというと、近すぎるからです。
私たちの目は、いろいろなものを見ることができます。今、目の前のパソコン、スマートフォンも、夜空に映える名月も、近いものも、遠いものも、よく見えます。ところが、目のすぐ隣にある眉や顔が、直接見られない。あまりに近すぎるからです。

「目、目を見ることあたわず。刀、刀を切ることあたわず」

どんなに視力のいい人でも、自分の目を直接見ることはできない。どんな名刀も、その刀自身を斬ることは不可能という意味です。

はるか宇宙の構造を解明した科学者も、自分の顔についた飯粒には気づかないようなもので、どんなに頭のいい人でも、本当の自分はなかなか分からないものなのです。

宇宙

蓮如上人と一休のやりとりに、こんな話があります。

時は、室町時代。七曲がり半に曲がった一本の松の木の前に人だかりができていた。そこへ蓮如上人が通りかかられる。

「一体、何の騒ぎか」
「これはこれは、蓮如さま。実は、あの一休和尚が“この松を真っすぐに見た者には、金一貫文を与える”と、立て札立てたので、賞金目当てに集まっているのです」
なるほど、ある者は松の木にハシゴをかけ、ある人は寝転がり、またある人は逆立ちしたりと、それぞれに工夫を凝らして松を見ている。だが、真っすぐに見たという者がない。
事情を聞かれた上人は、
「また一休のいたずらか。わしは真っすぐに見たから、一貫文をもらってこよう」
と事もなげに言われたので、一同仰天した。

「おい、一休いるか」
気心知れた仲だから、呼びかけも屈託ない。
「あの松の木、真っすぐに見たから、一貫文もらいに来たぞ」
出てきた一休さん、
「ああ、蓮如か、おまえはあかん。立て札の裏を見てこい」
と答える。実は立て札の裏には、“蓮如は除く”と書かれてあったのだ。
戻られた蓮如上人に気づいた人たちが、
「蓮如さま、一体どうやって真っすぐに見られたのですか?」
と身をのり出して尋ねると、蓮如上人はこう答えられた。
「曲がった松を、『なんと曲がった松じゃのー』と見るのが、真っすぐな見方だ。曲がった松を真っすぐな松と見ようとするのは曲がった見方。黒いものは黒。白いものは白と見よ。ありのままに見るのが正しい見方なのだ」
「なるほど!さすがは蓮如さま」
一同、感服したという。

蓮如上人と一休  ありのままに見る

近すぎる自己を見るにはどうすればいいのか。
私たちは鏡を使います。
古来、自己を知る「鏡」に、「他人鏡」「自分鏡」「法鏡」の3枚あると教えられています。
鏡で大事なことは、私の姿を正しく映すかどうか。実際より太って見えたり、痩せすぎだったり、有るものが映らなかったり、無いものを映す鏡では、困ってしまいます。
果たしてこれら3枚の鏡は、「本当の私」を映し出してくれる鏡なのか、詳しく検証してみましょう。

他人鏡 ──他人の目に映る私

第1は「他人鏡」。これは他人の目に映る私の姿です。
日々「他人鏡」に少しでもよく映るよう努力しているのは、それだけこの鏡に大きな信頼を寄せているからです。皆、他人の言葉に一喜一憂し、振り回され、きゅうきゅうとしていますが、果たして他人は私を正しく評価しているのでしょうか。
 
こんな話を通して、考えてみましょう。

ある奥さんが帰宅すると、泥棒とバッタリ鉢合わせになった。そこへタイミングよく、巡回中の警察官が通りかかる。
「助かった、地獄で仏とはこのことだわ。なんて頼もしいお巡りさん」
と奥さん、危機一髪、救われた。
ところが翌日、その奥さんが、路上に駐車していた車に乗ろうとすると、違反の貼り紙が。
取り締まっていたのは、昨日助けてくれた警察官である。だが、「見逃して」と幾ら頼んでも、警官は首を横に振るばかり。
「融通の利かない人ね。キライ!」
と腹を立てたのであった。

この警察官は、一日で人格が変わったわけではありません。奥さんの「都合」で評価がガラリと変わったのです。
「正も邪も 勝手に決める わが都合」といわれます。誰もが、その時々の都合で他人を評価しますから、同じ人間が善人にも悪人にもなるのです。このようなことは茶飯事ですから、禅僧・一休は、「今日ほめて 明日悪くいう 人の口 泣くも笑うも うその世の中」と笑っています。
実際は、「豚は褒められても豚、ライオンはそしられてもライオン」で、人の価値はそう簡単に変わるものではないはずです。
見る人の都合でコロコロ変わる「他人鏡」が、変わらぬ本当の私を映す鏡でないことは、認めざるをえないでしょう。
もちろん、「他人鏡(他人の評価)など、どうでもいい」ということではありません。他人の意見に耳を傾け、欠点を克服する努力は大事ですから、例えば同じことを3人以上から指摘されたら、改めるよう努めていきたいものです。

警察

自分鏡 ──自己の良心

3枚の鏡の第2は「自分鏡」。道徳的良心であり、自己反省のことです。
「一日三省」というように、自己を振り返ることは大切です。反省がなければ進歩も向上もなく、同じ失敗を繰り返すばかりでしょう。
しかし、いかに厳しくしようと努めても、自己反省は往々にして自分かわいい「欲目」によって甘くなるものです。
それは生んで育てたわが子にもしかり。万引きをした子供の親に連絡すると、第一声は決まって「うちの子に限って……」だそうです。本当はわが子が首謀者であっても、親はそう思いたくないし、思えない。「自分の」子だからです。

子供にさえ欲目を離れられないのだから、わが身となればなおさらで、鏡の前で増えた白髪に一時は驚いても、「年下のあの人よりはマシ」と他人を引っ張ってきて上に立つ。私は顔の色は黒いけれど鼻が高いから。色も黒いし鼻も低いが口が小さいから。口は大きいけれども色白だ。しまいには、「何にもできんが、素直な奴と皆から言われている」
と自分のことは何でも美化してしまう。うぬぼれ心が私たちの本性だからです。
「自分鏡」も、自己の真実を歪めて見せる鏡にほかなりません。

自分鏡

法鏡 ──真実の自己を映す

他人鏡は都合で曲がり、自分鏡は欲目で曲がる。一体、「ありのままの私」を映してくれる真実の鏡はどこにあるのでしょうか?
 
お釈迦様は「仏教は法鏡なり。汝らに法鏡を授ける」と遺言なされ、私たちに、真実の姿を映す鏡を与えてくださいました。
「法」とは、真実であり、三世十方を貫くもの。三世とは、過去・現在・未来で「いつでも」、十方とは、東西南北上下四維で「どこでも」ということ。時代や場所に左右されず、いつでもどこでも変わらないものだけを、法といいます。

*四維……北東、北西、南東、南西

仏法を聞くとは、法鏡に近づくことですから、仏法を聞けば、今まで気づかなかった自己が見えてきます。
もちろん、鏡から離れていては分かりません。
肉体を映す鏡でも、遠目には“まんざらでもない”とうぬぼれていますが、近づくにつれて“あら、ここにシワがある。こんなところにアザが。随分白髪が増えたなあ”と、実態に嘆く。同様に、法鏡に近づくほど“こんなわが身であったのか”と、思いも寄らぬ自己の姿に驚くのです。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事