menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

報恩講とはどんなこと?

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ:
 

報恩講

(質問):「報恩講(ほうおんこう)」という行事があると聞きますが、どんな行事でしょうか。

(解答)
毎年、全国各地で「報恩講」が営まれます。報恩講とは「恩に報いる集まり」ということで、親鸞聖人のご恩に報いる集まりのことです。

浄土真宗をひらかれた親鸞聖人は、弘長2年(1262)11月28日に90歳でお亡くなりになりましたので、その11月を中心に報恩講は開催されています。

報恩講は、親鸞聖人のご恩に報いる集まりなので、親の恩に報いるには、親の喜ぶことをするように、親鸞聖人のご恩に報いる為には、親鸞聖人の喜ばれることをすることが大事です。まず、親鸞聖人の喜ばれることは何かを知り、それを実行するのが、報恩講です。

親鸞聖人の教えを伝えられた蓮如上人は『御正忌の御文章』にこう仰っています。

この御正忌(ごしょうき)のうちに参詣をいたし、志を運び、報恩謝徳(ほうおんしゃとく)をなさんと思いて、聖人(しょうにん)の御前に参らん人の中に於て、信心を獲得せしめたる人もあるべし、また不信心の輩もあるべし。以ての外の大事なり。

*御正忌……報恩講のこと
*御文章……蓮如上人のお手紙。御文(おふみ)ともいう

(意訳)
報恩講に参詣し、親鸞聖人のご恩に報いようと集まられた皆さんの中には、信心獲得している人もありましょうが、まだ信心獲得していない人もおありでありましょう。信心獲得していないほど、私たちの一大事はありません。

信心獲得とは「しんじんかくとく」ではなく「しんじんぎゃくとく」と読みます。信心獲得することが、親鸞聖人が一番喜ばれることだから、早く信心獲得しなさいよと、蓮如上人は教えられています。

信心獲得とは、どんなことかと言いますと、親鸞聖人の教えを聞かせて頂いて、本当の幸せになることをいいます。

煩悩具足の凡夫(ぼんのうぐそくのぼんぶ)、火宅無常の世界(かたくむじょうのせかい)は、万のこと皆もって空事・たわごと・真実あること無きに、ただ念仏のみぞまことにて在します。 (歎異抄)

欲、怒り、愚痴一杯の人間(煩悩具足の凡夫)が、火のついた家にいるような不安一杯の世界(火宅無常の世界)に生きている。それに一切の例外はありません。そんな世界に住んでいる人間が、ただ一つ、本当の幸せ(念仏)になれる道があるのですよ。

親鸞聖人が教えられている本当の幸せ(信心獲得)とは、どんな幸せなのか。親鸞聖人の教えをよく聞き、本当の幸せになるのが、親鸞聖人の一番喜ばれることであり、報恩講が行われる目的です。

他の御文章にもあります。

今月28日の報恩講は、昔年(しゃくねん)よりの流例(るれい)たり。これによりて、近国・遠国の門葉(もんよう)、報恩謝徳の懇志を運ぶところなり。二六時中(にろくじちゅう)の称名念仏、今古退転(こんこたいてん)なし。これ即ち、開山聖人の法流、一天四海(いってんしかい)の勧化、比類なきが致すところなり。この故に、七昼夜の時節に相当り、不法不信の根機に於ては、往生浄土の信心獲得せしむべきものなり。

報恩講に、本当の幸せになろうと、全国から多くの人が集まって、親鸞聖人の教えを聞いている様子が彷彿といたします。

報恩講をご縁に、親鸞聖人の教えを聞かせて頂きましょう。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事