menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

蓮如上人とは?蓮如上人のことがよくわかる蓮如上人と親鸞聖人の関係

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:1から分かる浄土真宗 タグ:
 
映画『なぜ生きる』~蓮如上人と吉崎炎上~より

映画『なぜ生きる』~蓮如上人と吉崎炎上~より

(質問):浄土真宗で最も尊敬されるお方は?

(解答)

浄土真宗の教えは、親鸞聖人(しんらんしょうにん)によって大成され、3代目覚如上人(かくにょしょうにん)によって要約され、8代目蓮如上人(れんにょしょうにん)によって全国に伝えられました。

浄土真宗ではこれら三方を善知識(ぜんぢしき・真実の仏教の先生)と仰ぎ、正しい教え、正しい信心かどうかは、常にこれら三方のお言葉を、ものさしとしています。

(質問):覚如上人(かくにょしょうにん)はどんな方ですか?

(解答)

覚如上人は親鸞聖人の曽孫に当たり、親鸞聖人から如信(聖人のお孫さん)、その如信上人から面授口決(めんじゅくけつ)されました。

面授口決とは、師から直接教えを受けることであり、覚如上人が親鸞聖人からじかに教えを聞かれた方といわれるのはそのためです。

主な著書に「改邪鈔(がいじゃしょう)」「口伝鈔(くでんしょう)」「執持鈔(しゅうじしょう)」「御伝鈔(ごでんしょう)」などがあり、名文家として知られています。

(質問):蓮如上人(れんにょしょうにん)はどんな方ですか?

(解答)

8代目蓮如上人は、親鸞聖人から約200年後のお方です。

親鸞聖人の教えを、正確に、多くの人に伝えられた方として、蓮如上人の右に出る方は今日までありません。

わずか一代で、全国津々浦々に親鸞聖人の教えを徹底されたので、今日、真宗中興の祖とたたえられています。

3頭の俊馬を乗り継がれ、北陸、関東、東北と、精力的に布教を展開されました。その広範囲に及ぶご活躍を知れば、仏教の大学者でもあった上人に、なぜか著書が少ない理由もうなずけるでしょう。

上人のみ足にはワラジの緒が食い込み、晩年、あとがクッキリ残っていたと伝えられています。

→ 蓮如上人と一休 ありのままに見る

→ 蓮如上人物語 朝倉孝景と日の善悪

 

 

(質問):なぜ蓮如上人の時代に全国に広まったのですか?

(解答)

まず挙げられるのが「御文章(ごぶんしょう)」(「御文」ともいう)です。「文」とあるように、「御文章」は蓮如上人がご門徒にあてて出されたお手紙です。

親鸞聖人の教えを仮名交じりでかみ砕いて書かれた「御文章」は「凡夫往生の手鏡(ぼんぶおうじょうのてかがみ)」といわれます。私たちが破闇満願(はあんまんがん)する(関連:「他力本願」の誤解と、本当の意味とは?)のに大切な要はすべて書いてあるから、手鏡のように常に手元に置いて読みなさいよ、ということです。

ですから、朝晩の勤行で親鸞聖人の「正信偈(しょうしんげ)」とともに拝読されてきました。

人から人へ次々に書写され、親鸞聖人のみ教えは、燎原の火のごとく全国に普及したのです。

(質問):「御文章」について詳しく教えてください。

(解答)

蓮如上人がお亡くなりになった後、孫の円如法師が全国を回りお手紙を集め、5帖80通の「御文章」に編纂されました。

1帖から4帖目までは年代順に、5帖目は執筆時期がハッキリしないものをまとめられています。それ以外に「帖外御文」があります。

数ある「御文」の中でも特に有名なのは「白骨の御文章」でしょう。

(質問):「白骨の御文章」について詳しく教えてください。

(解答)

『それ、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに』
で始まる文章は屈指の名文といわれ、葬式などで読まれますから
浄土真宗以外の人にも広く知られています。

国民的作家、司馬遼太郎氏は、こう言っています。
「明治以前の文章家のなかで、平易達意の名文家は、
筆者不明の『歎異鈔』と室町末期に本願寺を中興した蓮如上人(白骨の御文章)と
宮本武蔵(五輪之書)のほかにはみられない」(真説宮本武蔵)」

(出典)司馬遼太郎『真説宮本武蔵』講談社文庫

(関連:蓮如上人と白骨の章 書かれた経緯

関連:蓮如上人の「白骨の章」

(質問):蓮如上人は、どんなことを教えられたのか?

蓮如上人が教えられたことは、親鸞聖人の教え以外にありません

映画『なぜ生きる』~蓮如上人と吉崎炎上~
http://nazeikiru-eiga.com/

この映画では、蓮如上人が、親鸞聖人の主著『教行信証』の冒頭のお言葉を
わかりやすく説明されています。
(関連:親鸞聖人の主著、国宝『教行信証』

「『教行信証』全巻には大歓喜の声がひびきわたっている」
と文芸評論家の亀井勝一郎氏は、言っています。

「釣りバカ日誌」「マルサの女」「大病人」などの映画で活躍し、
親鸞聖人の映画「白い道」で監督を行った、三國連太郎氏はこう言っています。

「私が一番感動するのは『教行信証』の冒頭の言葉です」

その冒頭のお言葉が

『難思の弘誓は難度の海を度する大船』

です。

このお言葉は、あなたに大切なことを伝えられている
親鸞聖人からのメッセージなのです。

 

『難思の弘誓は難度の海を度する大船』の意味を解説した冊子のデータ(PDF)を、無料メール講座に登録された方にプレゼントしています。

無料メール講座のご案内

 

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事