menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

覚如上人とは?浄土真宗の教団の基礎を築かれる親鸞聖人の曽孫

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:なるほど親鸞聖人 タグ:
 

a41441a8a7c2d18a7c1e8f9a484a1229_s

浄土真宗では、親鸞聖人、覚如上人、蓮如上人の三方を、善知識(ぜんぢしき)といって、大変、尊敬しています。

善知識(ぜんぢしき)とは、正しく仏教を伝える先生のことです。

覚如(かくにょ)上人は、親鸞聖人の曽孫ですが、どんな方だったのでしょうか。

 

目次

・教団結成への志

・著作の活動

・浄土真宗の教団の産声

 

教団結成への志

親鸞聖人ご自身は「親鸞は弟子一人ももたず候」、私には弟子など一人もいないと仰っていますが、親鸞聖人を師と仰ぐ人は、当時から、たくさんいました。

親鸞聖人の教えを、正しく、後世へ伝えていく為には、それらの人が団結し、強固な組織を作ることが必要不可欠です。

その必要性を痛感した覚如上人は、青年期から教団結成の志を抱かれます。

 

著作の活動

その為には、親鸞聖人のことを多くの人に知ってもらう、そして、親鸞聖人の教えを正確に伝えることが重要だと考えられました。

永仁3年(1295年)、覚如上人26歳の時に、分かりやすく感動的な伝記、親鸞聖人伝記を制作されました。

これは「御絵伝(ごえでん)」と呼ばれる「絵巻物」と「御伝鈔(ごでんしょう)」という文章で構成されたものです。

今日でいうと紙芝居みたいなものです。

親鸞聖人の名前すら知らない人にも、親しみやすいものとなりました。

執持鈔(しゅうじしょう)口伝鈔(くでんしょう)を著(あらわ)され、親鸞聖人の教えを名文で明らかにされると同時に、親鸞聖人の教えに反する異説を、ことごとく改邪鈔(がいじゃしょう)で破られるなど、82年の生涯で、多数の著作を残されています。

覚如上人が、親鸞聖人の教えを正確に伝えることに命を懸けておられたことは、自分の長男の存覚(ぞんかく)が、親鸞聖人の教えを捻じ曲げていたことを知り、勘当されたことからも窺えます。

 

浄土真宗の教団の産声

延慶3年(1310年)、覚如上人41歳の時、京都東山の大谷にある親鸞聖人の御廟(墓所)の留守職(管理人)になった覚如上人は、そこを単なる墓所ではなく、親鸞聖人の教えが説かれる道場(寺院)に発展させるために、努力されます。

多岐にわたる覚如上人の精力的な活動により、親鸞聖人の教えを正しく聞いて、正確に伝える者の集まりが創設されました。

こうして浄土真宗の教団が産声をあげたのです。

 

こうして、親鸞聖人の教えのバトンは、親鸞聖人から覚如上人、そして、蓮如上人へと受け継がれていくのです。

→ 蓮如上人とは?

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事