menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

浄土真宗とお盆とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:仏事 タグ:
 

(質問)浄土真宗で、お盆とは、どんな意義がありますでしょうか。

(解答)
お盆とは、正しくは「うらぼん」といいます。『仏説盂蘭盆経(ぶっせつうらぼんきょう)』から起こったものです。

仏説盂蘭盆経というお経には、どんなことが説かれているのでしょうか。

お釈迦さまの十大弟子の一人に目連(もくれん)という人があります。目連は、神通力(じんつうりき)第一といわれ、特に孝心の深い人でありました。
その目連が、神通力を得て三世(さんぜ)を観ました時に、痛ましいことに亡き母が餓鬼道(がきどう)に堕ちて苦しんでいることが分かったのです。
彼は深く悲しんで、直ちに、鉢に飯を盛って母に捧げましたが、喜んで母がそれを食べようとすると、たちまち、その飯は火炎と燃え上がり、どうしても食べることができません。
鉢を投げ捨てて泣きくずれる母を、目連は悲しみ「どうしたら、母を救うことができましょうか」と、お釈迦さまにお尋ねしました。
その時、お釈迦さまは、「それは、そなた一人の力では、どうにもならぬ。この7月15日に、飯、百味、五果などの珍味を、十方の大徳、衆僧に布施しなさい。布施の功徳は大きいから、母は餓鬼道の苦難からまぬがれるであろう」と教えられました。
目連が、お釈迦さまの仰せに従ったところ、母は、たちどころに餓鬼道から天上界(てんじょうかい)に浮かぶことができ、喜びの余り踊りました。

*神通力:人間の考えの及ばぬ、霊妙自在の力。
*三世:過去世、現在世、未来世のこと。
*餓鬼道:食べ物も飲み物も、炎となって食べられず飲まれもせず、飢えと渇きで苦しむ世界。
*天上界:迷いの世界の中では、楽しみの多い世界。

これが盆踊りの始まりだと言う人もあります。
盂蘭盆(うらぼん)は、この目連の故事から先祖供養の日となって、今日に続いているのです。

お盆

このお話は、現代の私たちに何を教えているのか、味わってみましょう。

盂蘭盆(うらぼん)とは、昔のインドの言葉で、意味は、倒懸(とうけん)ということです。倒懸とは「倒さに懸かれる者(さかさにかかれるもの)」ということですから、『盂蘭盆経』とは「倒さに懸かれる者を救う方法を教えたお経」です。

この「倒さに懸かれる者」とは目連の母だけでしょうか。仏教では、すべての人間が「倒さに懸かれる者」と教えられているのです。

「倒さに懸かれる者」とは、どういうことでしょうか。
仏教では「頭下足上(ずげそくじょう)」という言葉があります。頭が下で足が上、逆立ちしている状態をいいます。

平家物語の冒頭『祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり』は有名です。諸行無常とは、仏教の言葉で、諸行とは、すべてのもの
無常とは、常がない、続かないということで、すべてのものは続かないという意味です。

諸行無常、この世のものは一切続かない。聞けば、誰もが納得することで、反論する人はいないでしょう。ところが、私たちには執着の心があるため、「これは自分のもの」と思ったものは、無常のものとは思えず、常(いつまでも続くもの)と思い込んでしまいます。心は、逆立ちしている状態です。それで、苦しみ悩みが絶えなくなる私たちが、本当の幸せになれる道を教えられたのが仏教です。

お盆は、亡き先祖をしのぶ日であると共に、仏教を聞かせて頂いて、「倒さに懸かれる」私自身を振り返る日であることを忘れないようにしましょう。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事