menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

浄土真宗のお彼岸とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:仏事 タグ:
 

(質問):お彼岸とは何でしょうか。

(解答)
お彼岸とは、3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間をいいます。
それぞれの初日を「彼岸入り」、終わり日を「彼岸明け」といいます。春分の日、秋分の日が「中日」です。

親鸞聖人が尊敬されている善導大師(ぜんどうだいし)の有名な譬え話に、
二河白道(にがびゃくどう)の譬え話があります。

その譬え話では、水の河火の河の二つの河があり、その河をはさんで、こちらの岸向こう岸があります。そして、こちらの岸と向こう岸の間に細い白い道が伸びています。
こちらの岸が私たちの生きている世界、向こう岸が極楽に例えられています。こちらの岸を此岸(しがん)、向こう岸を彼岸(ひがん)といいます。彼岸とは、極楽のことをいいます。

仏教では、極楽は、西方にあると教えられています。

これより西の方、十万億の仏土を過ぎて世界有り、名けて極楽という。(阿弥陀経)

「彼岸」は西にあるので西岸ともいい、「此岸」は東にあるので東岸ともいわれます。
3月の春分の日と9月の秋分の日は、太陽が真東から昇り、真西に沈みます。
その日に、西方の極楽におられる阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいという考えから、次第に、極楽をしのぶ日、また、先祖をしのぶ日として、定着していったといわれます。

彼岸

彼岸は「パーラミター(波羅蜜 ばらみつ)」という昔のインドの言葉からできた言葉です。今日は、寺院で、先祖供養すると同時に「六波羅蜜(ろっぱらみつ)」の教えを学ぶ行事になっています。

六波羅蜜」とは「六度万行(ろくどまんぎょう)」ともいいます。

「六波羅蜜」「六道万行」とは
 布施(ふせ) 持戒(じかい) 忍辱(にんにく) 精進(しょうじん) 禅定(ぜんじょう) 智恵(ちえ) の六つの善い行いのことです。

  (今日の言葉)
1.布施 = 親切
2.持戒 = 言行一致
3.忍辱 = 忍耐
4.精進 = 努力
5.禅定 = 反省
6.智恵 = 修養

(それぞれどういう意味かは、『とどろき仏教教室』で説明しています)

彼岸は、先祖供養の日であると同時に、「六波羅蜜」の教えを学び、実行する日といたしましょう。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事