menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁1

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:親鸞聖人のご生涯 タグ:
 

親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁

鎌倉幕府が開かれたものの、天災による飢饉続きで、関東は大地も人心も傷つき荒れていました。不幸や災難に苦しむ人々を、先祖の霊のたたりだ、キツネやタヌキがついているのだと脅す者。天変地異は神の怒りとうそぶく者など、あまたの迷信や占いがはびこっていたのです。
その中、親鸞聖人まします稲田(茨城県)に程近い板敷山(いたじきやま)に、山伏・弁円(べんえん)率いる修験道(しゅげんどう)の一派が勢力を誇っていました。弁円は厳しい修行の末、孔雀明王(くじゃくみょうおう)の威神力を体得したと言い、その力で加持祈祷(かじきとう)すればどんな病気も治る、どんな願いもかなう、これぞまことの仏教と公言し、山寺で護摩壇(ごまだん)に火をたき、火中に供物を投じて祈願していたのです。

商売繁盛・家内安全・病気平癒を祈祷する人は、科学の発達した今日でも、世に満ちています。
「不幸のほとんどは、金でかたづけられる」と作家・菊池寛が言ったように、お金さえあれば、衣・食・住もよくなるし、病気も治療できる、家は安泰、願い事も何でもかなう。何と言っても幸せの元は〝金〟と思うのも無理からぬことでしょう。
そんな現世利益(この世の幸せ)が手に入ると聞いて、弁円の元に集まった村人が寺を満堂にしていたのです。近隣の柿岡村に住む兵衛門(ひょうえもん)も、熱心な弁円の信者でした。

兵衛門
「わしら村の者たちも大尊者様(弁円)のおかげで、家内安全、商売繁盛して、喜んでおります。のお?」
信者
「ああ、そのとおりじゃ。ありがたいことですわい」
弁円の弟子
「そう言ってもらえれば、大尊者もお喜びじゃ」

弟子たちは、弁円への称賛を我がことのように誇らしく聞いている。弁円様は、厳しい修行を遂げた方。だからその祈祷には凄い威力がある。そんな思いが、弟子にも信者にもあったことでしょう。兵衛門は、村人にもこう言っています。

兵衛門
「いいか、みんな。大尊者様からいつも聞いとるじゃろう。仏教の戒律を守り、修行を積んだ偉い人に、祈祷してもらわにゃあだめだぞ」
凡人のできぬ厳しい修行をした人は、神秘的な力を備えているから、祈祷してもらえば幸せになれるのだと、今でも思っている人はいると思います。

ところが、しばらくしてその兵衛門が、親鸞聖人の法話に誘われ出掛けていったのです。

親鸞聖人
「いいですか皆さん。考えてみてください。もし皆さんがお金もあり、子宝にも恵まれ、健康に暮らせたとしても、それで本当に、安心できますか」

参詣者A
「そうなれば、安心できると思うが……」
参詣者B
「しかしなぁ。金持ちになったら盗まれやせんかと、また心配じゃな」

親鸞聖人
「たとえ、どんなにお金が儲かっても、死んで持っていけるわけじゃない。病気が治っても、一時の安心ではありませんか。死なんようになったわけじゃない。少し死ぬのが延びただけ。やがては死なねばなりません」

参詣者A
「そんなこと考えんようにするしかないわ」

親鸞聖人
「こんな一大事が、外にあるでしょうか。考えないで済むことではありません。これを後生の一大事(ごしょうのいちだいじ)といいます。この一大事の解決こそが、仏法の目的なのです。なぜ苦しくとも生きねばならぬのか。この、一大事の解決のためです!」

現世利益(げんせりやく)をどれだけ手に入れても、必ず全てと引き裂かれ独り行かねばならない後生を知らされた兵衛門は驚き、ガラリと変わってしまったのでした。

兵衛門
「こんな話、聞き始めだ。今日からわしは、親鸞さまのお話、聞かせてもらうぞ」

続き

(17)親鸞聖人と山伏・弁円の仏縁2

 

 

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
cd_banner3-1   book_banner   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事