menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

海外で「私は宗教を信じていません」はNGの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:基礎から学ぶ仏教 タグ:
 

パスポート

アメリカ留学説明会でビックリする話

アメリカに留学したことがある友人から聞いた話です。

留学前の説明会で

“「あなたの宗教は何ですか?」と聞かれたら
「何も信じていない」と答えないでください。
何かの宗教を信じている人はそれを答えてください。
何も信じていない人は仏教Buddhism と答えて下さい。”

こんな説明があって、「なぜそう答えなければならないんだ」とビックリしたとのこと。

また、イスラム教を国教としている国の中で、入国書類に「宗教」の欄がある国があります。
入国する時に聞かれるのです。
「あなたは何の宗教を信じていますか?」と。

日本の常識は世界の非常識

「日本の常識は世界の非常識」という言葉がありますが、その一例です。

日本では、自己紹介、初対面の時に、「宗教」「政治」などに関する話題は、避けるようにします。
初対面で「あなたは何の宗教を信じていますか?」と聞かれたら、引いてしまいます。

しかし、世界では、自己紹介の段階で、「宗教」を聞かれるのです。
それは、それぞれの宗教にタブーがありますから、相手に失礼なことをしない為の礼儀なのです。

ヒンズー教の人は、牛はダメとか。
イスラム教の人は、豚はダメ、アルコールはダメ。
「ハラール認証」という言葉も、最近、日本で普及してきました。

「何も信じていない」=「テロリスト」

では、なぜ「何も信じていない」と答えてはいけないのか。
「ウソをつくのはよくない」
「仏教を信じていないのに、私の宗教は仏教と答えるのに、正直、抵抗がある」
そのように思われる方もあると思います。

実際にあった話だそうですが、
ある日本の若者が、1人で、サウジアラビアに入国しようとしました。
入国書類の宗教の欄に、正直に「NONE」と書きました。
「私は何も信じていない」と。
入国できるどころか、別室に連れていかれて、そのまま、その日のうちに、強制送還されてしまいました。

イスラム教やキリスト教を信じている人が多い国では、天地創造の神を信じている人が多いです。
そういう人から見ると、何の宗教も信じない、神をも信じぬ者は、どんな秩序も認めない、恐ろしい者、テロリストと同じように思われる訳です。

入国したい、また留学先で人間関係を広げたいと思ったら、「NONE」と答える選択肢は無いようです。

「仏教」を知っておきましょう。

では「仏教」と答えれば、その場は、乗り切れるかもしれませんが、相手が関心を示して、
「仏教には、どんなことが教えられていますか?」
と尋ねられたら、どうしましょう。

仏教には、どんなことが教えられているか、
少しでも知っていれば、自信をもって、「仏教」と答えることができるのではないでしょうか。

今後、ますます国際化が進んでいきます。
東京オリンピックも間近です。少子化問題の対策に、AIとともに、外国人労働力も候補に挙げられています。

日本の歴史、文化は、仏教と関係が深いです。
仏教を知ることで、日本、日本人とは何か、改めて知る機会が得られます。

ただ、表面的に学ぶだけでなく、私たちの毎日の生活に、プラスを与えてくれる考え方のヒント
たくさんありますので、仏教を少し学んでみては、いかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事