menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

お釈迦様物語 仏弟子アナリツの誓い 失敗した時の大事な心がけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:お釈迦様物語 タグ:
 

仏弟子アナリツの誓い

精舎(しょうじゃ)では善男善女が肩を並べ、真剣にお釈迦様の説法を聴聞(ちょうもん)していた。

瞬きさえ惜しむような張り詰めた空気の中で、仏弟子アナリツは不意に襲った睡魔と闘っている。不摂生をした覚えはないが不覚にも、彼はつい居眠りをしたのだ。

法話のあと、犯した過ちの大きさに震えながら、お釈迦様の御前にひざまずいて、うなだれた。

「何が目的で、仏道を求めているのか」

お釈迦様の問いにアナリツは、

「はい。生死の一大事の解決のためでございます」
「そなたは良家の出身ながら道心堅固、どうして、居眠りなどしたのか」

慈言が胸に響き、身の置き場もないような気持ちになる。悔悟の念を絞り出すように、アナリツは誓った。

「今後、目がただれようとも眠りはいたしません。どうか、お許しください」

その日から熱烈な修行を敢行した彼は、夜が更け、暁を見ても、決して眠ることはなかった。不眠は連日に及び、“あの誓いは聞法の場のみのこと”と思った周囲からは、驚きとともに忠言が多く寄せられた。夜も休まぬ決意とは、到底だれも思わなかったのだ。

やがて、不休の修行で目を患った彼に、お釈迦様は諭された。

「琴の糸のように張るべき時は張り、緩むべき時は緩めねばならぬ。精進も度が過ぎると後悔する。怠けると煩悩が起きる。中道を選ぶがよい」

侍医の、“もう少し、眠れば治る”の強い勧めにも、彼はお釈迦様との誓いを貫き徹し、ついに両眼を失明した。同時にしかし、深遠な心眼が開け、釈迦十大弟子の一人、アナリツ尊者となっている。

仏弟子アナリツの誓い

彼が目の光を失ってからのこと。衣のほころびを繕うため針に糸を通そうとするが、見えないのでかなわない。そこで周囲に呼びかけた。

「だれか、善を求めようと思う人はありませんか。この針に糸を通していただきたいのです」

しばし待つも、応じる人はない。あきらめかけた時、傍らに気配がした。

「ぜひ、私にさせてもらいたい」

声の主はお釈迦様だった。アナリツは驚いて、

「世尊は、すべての善と徳を成就なされた方ではありませんか」。

畏れて言うと、お釈迦様は、

「仏の覚りを開けばとて、小善をおろそかにしてよい道理がない。世の中で、善を求めること私にすぐる者はない」。

アナリツは、ありがたくお釈迦様の親切を拝受した。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事