menu

今なら500円⇒0円!
無料見本誌プレゼント!

親鸞聖人と浄土真宗がやさしく分かる入門サイトです。 初めて学ぶ方も、イラスト入りの解説で分かりやすく学ぶことができます。

お釈迦様物語 お釈迦様はどんな女性を美しいと仰るか

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー:お釈迦様物語 タグ:
 

お釈迦様はどんな女性を美しいと仰るか

暁の光が辺りを照らし始めた。徐々に明けていく気配をまぶたに感じながら、女は夜具に横たわっている。
給孤独長者(ぎっこどくちょうじゃ)の家は朝が早い。
すでに起きだした家人が、屋敷のあちこちで元気に挨拶を交わす声が聞こえる。
だが、嫁いだばかりのこの新妻だけは、長者の家風になじむ気がないようだ。
“まったく……貧乏所帯じゃあるまいし。何でこんな早くから起きて働かなくちゃいけないのよ。ワケ分かんない”
腹立ちを抑えて寝返りを打つ。もうひと眠りしなくちゃ、と思った。

“肌を美しく保つには、睡眠不足は大敵なんだから”
そうつぶやいて、二度寝の快楽をむさぼるのだった。

「……玉耶(ぎょくや)は、まだ寝ているのかい?いい加減に起きないものか」
戻りかけの意識が、隣室の舅の声を聞いた。彼女は驚いて身を起こし、辺りを見回す。窓から強い陽光がさし込んでいる。長い髪をかき上げ、大きく伸びをして鏡台に座る。映し出された自分を見て、ようやく平静を取り戻した。
玉耶が起きた気配を察したのか、義父と夫の話し声はやんだ。彼らの、腫れ物に触るような態度にイラつく。
生活をともにすれば、遠慮も薄れ、あからさまな態度や表情も表れるはずなのに、義父母も夫も不自然なほど彼女に優しい。
それがたまらなくイヤで、もう実家へ戻りたいとさえ思っている。
何から何までこの家と自分は合わない。ここでは皆、だれかのために働くのを喜びとしている。思いやりや協調がとても大事だとも言われた。
“でも私は私。好きなようにさせてもらうわ。そもそも来てくれと頼まれたから嫁いでやったのよ”
反抗心を全身に表し、玉耶は容姿を磨くことに専心している。
だれより早く寝て遅く起き、日がな一日鏡の前を居場所に、髪を梳き、化粧を続ける。
裕福な家庭で育ったせいか、身の回りのことは人任せで、家事も一切したことがない。
気に障ればわめき、使用人にあたり散らす。勝手気ままな玉耶を、周囲は持て余していた。
“夫もあきれているだろう”
うすうす気づいてはいるが、“態度を変えれば負けよ”。今更どうすることもできないと、開き直るしかないのだった。

家長の給孤独長者も困り果てている。女性は見た目が第一と思い、探し当てた息子の嫁。容貌は申し分ないが、内面は幼いままだった。
労を惜しまず、他人のために働くことを当然としてきた長者には、彼女の日常は理解を超えている。
食事の準備や片付け、掃除、整理整頓、人としてなすべき生活の基礎を、端から彼女は身につけていなかった。
だが、こちらから持ちかけた縁談だから、今更、離縁もできない。長者家族は途方に暮れ、かねて崇敬する仏陀・お釈迦様におすがりするしかないと考えた。
給孤独はその日、お釈迦様を訪ね、“何とか彼女の心掛けがよくなるようにお諭しを”と願い申し出た。
深く同情なされたお釈迦様は、早速、長者の屋敷へ赴くと仰せられた。
晴れやかな顔で長者が帰宅すると、家人がいつも以上に掃除に精を出し始める。
何かあると感じ取った玉耶は、傍らの使用人をつかまえて尋ねた。
「ハイ、何でも明日、お釈迦様がいらっしゃるようでして……」
バカ正直な返事から、玉耶は自分の矯正計画を見抜く。明日は一歩も部屋から出るまいと誓った。舅たちは、釈迦の手前、さぞ困るだろう。
“アホクサ。説教なんて、だれが聞くもんですか”
彼女は一人ほくそえんだ。

お釈迦様はどんな女性を美しいと仰るか

祇園精舎の建立で知られる給孤独長者は、長男の妻・玉耶の生活態度に悩んでいた。
美貌だがわがままで、家族に溶け込まない彼女の心掛けを正すため、給孤独は仏陀・お釈迦様にご説法をお願いする。
だが玉耶は、自身の矯正計画と知り、すねて部屋に引きこもってしまう。

玄関の辺りが騒がしい。出家たちの行列が、どうやら見えてきたようだ。家人が口々に、何かはやし立てている。
家の中は、大方の準備が終わったのだろう。時折、だれかが廊下を駆け抜ける以外は、咳払い一つ聞こえなかった。

総出の迎えが盛り上がるほど、部屋の静寂が際立つ。
押し入れに身を潜める玉耶は、より小さくなってうずくまった。フッと醒めた思いが胸をかすめる。
“何で私、こんなことしてるの?”
いかにも幼稚だと、我ながら思う。だが、“姿さえ見せなければ”。今はそう思ってやり過ごすしかなかった。

仏陀の一行が到着した。家中が玉耶のことなど忘れたように、修行者たちの世話を始める。
屋敷の至るところで談笑が交わされ、愉快な声が響きわたる。
だが、にぎわいの中ただ一人、家長の長者だけが、ハラハラしながら嫁の行方を捜していた。
“お出迎えもするつもりがないのか……”
玉耶の部屋へ行ってみた。
「玉耶よ、いるのか」
返事がない。確かにいるだろう。だが、呼びかけを拒むように静まり返っている。
“ヤレヤレ、困ったものだ”とため息をつきながら、お釈迦様の控室に行き、事情を説明した。
「まことに申し訳ございません。実は……」
一切をお見通しであった仏陀は、すぐに神通力で、長者の屋敷を透き通るガラスの家に変えてしまわれたのである。

舅の呼びかけを遠くに聞きながら、玉耶は暗がりで息を潜めている。ここに来てからのことを思い返す。
“どうしてこんなことに……”
気分に任せ、後先考えずしてきたことが、思わぬ方向に進んでしまった。
いっそ実家に帰りたくなる。と、その時、不意に明るさを感じて目を上げると、どうしたことか。
客人たちの戸惑う姿が見える。いや壁の内といわず、外といわず、一切がありありと透けているではないか。
自分の情けない姿もまた、一目瞭然だった。
“何よこれ。丸見えじゃない”
押し入れの中なら音も漏れず、姿も見えないと思っていた。
目隠しできてこそ隠れる所詮もある。
外面だけでなく、すねて、反抗している心の奥底まで白日の下にさらされたようで、玉耶はいたたまれない気持ちになった。
“一体、何がどうなったというの?”
すべてがお見通しとなれば、もはや隠れてはおれない。
自ら飛び出し、お釈迦様の許へ駆け寄ると、倒れ込むようにひざまずいた。
心はまだ、モヤモヤした雑念が渦巻いている。
だが、“仏さまって、普通じゃない力があるんだわ”という驚きも確かにある。そんな彼女にお釈迦様は優しく諭された。
「玉耶よ。いかほど顔や姿が美しくとも、心の汚れている者は醜いものである。
黒い髪もやがては白くなり、真珠のような白い歯も段々と抜け落ちていく。顔にはシワができ、手足は次第に不自由になってくる。
それだけではない。ひとたび無常の風に誘われれば、二度と見られぬ哀れな姿に変わり果てるのだ。
そのような肉身に何の誇りが持てようか。それよりも心の美しい女になって、だれからも慕われることこそが大切とは思わぬか」
静かだが、一言一言が心にしみる。仏陀の威徳に触れ、玉耶は、心の鎧がはがれていくのを感じ始めた。

お釈迦様はどんな女性を美しいと仰るか

表情の変化を見て取られたお釈迦様は、続けて、「そなたは、世に七通りの婦人がいるのを知っておるか」と七婦人を例示される。

母の如し………母親が子供を養育するように、愛情豊かに夫と接する妻

妹の如し………妹が兄を尊敬し、慕うように夫に仕える妻

善知識の如し…一切の人々を真実の幸福に導く仏教指導者のように、常に夫を善導し、成功に至らしめる賢夫人

婦の如し………時に夫婦ゲンカもするし、仲良くもなる。夫と対等の普通の妻

婢の如し………召使のような妻。自己主張をせず、何事も黙々と服従する

怨家の如し……夫に恨みを持ち、横に寝ている夫の顔を見て、“こんな男と結婚したから……”と、恨み続ける妻

奪命の如し……夫の命を奪ってしまう恐ろしい妻。日々“死んでくれ”と夫を憎み、ついには殺してしまう悪女をいう

ジーッとうつむいて聞いていた玉耶だが、怨家、奪命の説明になるとギクリとした。
「これは紛れもない。私のことを言っているんだわ」
仏陀が自分の心中を覗いて話しているのではないか、とさえ思う。
教えの光に照らされ、やがて嫁いでからの悪態の数々が思い出された。
請われて嫁したこの家の生活に戸惑いばかりを抱いた。
幼いころから蝶よ花よと育てられ、自分は家事が何一つできない。やろうともしなかった。それをとがめられたこともない。
だから妻として、これまで夫のために一度の給仕もしていない。関心といえば、己の美貌を磨くことばかり。
機嫌が悪ければ口も開かず、自分の非を認めない。夫や父長にも平気でキバをむき、不平不満を並べては、心の中で切り刻む。自堕落で身勝手だった。
だれも表立って責めはしないが、ひんしゅくを買っているのは自分でも分かっていた。弱みを見せまいと、さらに意地になり、落ち込み、すねて、皆の気分を憂鬱にしている。
そういえば、この一家は皆、お釈迦様の教えを信奉して、上も下もなく労働にいそしんでいる。
人の喜びをわが喜びとして、生き生きと幸せそうだ。
ああ、自分もあんなふうになりたい……。素直な気持ちが、にわかに、フツフツと湧いてきた。

お釈迦様は、穏やかに続けられた。
「玉耶よ、七種の婦人とはこのとおりだが、そなたは自分をどれだと思われるかな」
「お釈迦様。私は……怨家と奪命をこね合わせたような女が私でございます」
思わず言い放った玉耶に、お釈迦様は優しく問う。
「それはよい婦人かな?」
「いいえ、恐ろしい女です。私ほど悪い女はいませんでした。こんな私が救われるには、どうしたらよいのでございますか?」
諄々と、それからお釈迦様は、玉耶に法を説かれた。心から悔い改めた彼女は、後世、婦人の鑑と称賛されるようになったのである。
一家和合の給孤独長者の家が、ますます繁栄したことは言うまでもない。

The following two tabs change content below.

あさだ よしあき

ブログ作成のお手伝いをしています「あさだよしあき」です。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。大学院修了後、社会の荒波の激しい中、心にぶれない軸ができ、どうすれば、周りの人に喜んでもらえるかを中心に、毎日、心豊かな生活を送ることができています。 仕事のかたわら、わかりやすい仏教講座に、年間100回、立ってきました。現在は、1から仏教を学びたい人の為に、わかりやすい教材作成に取り組み、20年以上、学んできたことを、伝えたいと思っています。 ちょっとした関心から、奥深い仏教の世界を垣間見てほしいと思います。
 
 
 
book_banner   cd_banner3-1   幸せを呼ぶ言葉の宝石ベスト100登録へ
 

記事一覧

仏教とは
仏教用語解説
お釈迦様物語
お釈迦さまと阿弥陀仏
南無阿弥陀仏
正信偈の意味
親鸞聖人のご生涯
蓮如上人
浄土真宗とは
平生業成
他力本願
浄土真宗のお経
仏事